<< 2009年1月10日の娘【前編】 | main | 2009年1月15日の娘 >>

2009年1月10日の娘【後編】

すぎやんの棺が炉の中に消え、一瞬の静寂。その後、参列者たちは揃って炉の前を離れます。
施設長さんが気を遣って黙って火葬場を後にされる後ろ姿を、私も黙って目で追っていました。

あなたに最後まで見送ってもらえて、すぎやんはきっと喜んでます。
私も、すごく、うれしかった。
つらい思いをさせて、ごめんなさい。でも、本当にありがとう。

葬儀会場に戻ると、食事の時間。
すぎやんの写真を持ってくれた、ご主人を亡くされたばかりの従姉は、「(ご主人が)ひとりで寂しがっているといけないから」と言い残し、そのまま帰って行かれました。

食事に付き合ってくれた親戚は6人。広い会場なのに、使うテーブルはたったひとつ。
正面に置いたすぎやんの遺影と位牌を見ながら、用意した食事を食べてもらいました。
食事後は、親戚同士で近況報告会を勝手に開催してました。

骨揚げまでの約2時間、賑やかではないけれど、穏やかな時間が過ぎていきました。

70代後半になる父の従姉が、お嫁さんと一緒に通夜・葬儀両日とも参列して下さったのですが、私がこの方とまともに会話をしたのはこの日が初めて。
父方の祖母の葬儀で会ったことがあるらしいのですが、当時まだ私は高校生。父の話の中には時々登場していた方なのですが、私は全く記憶にありません。

話してみると明るいおばあちゃんで、とにかくよくしゃべる。
父の無軌道やんちゃぶりもよくご存じで、「お母さん、苦労したはったもんな」とおっしゃってました。

お体の都合で、骨揚げを待たずに帰られたのですが、「お母さんに、よう似てるわ」と何度言われたことか。

午後2時過ぎ、再度火葬場に向かいました。
既に炉から出された白骨になったすぎやんが、私たちを出迎えてくれました。

納骨の都合で、すぎやんの骨は大小2つの骨壺に分けます。
まず小さい骨壺に、職員の方が説明を加えながら、お骨を順番に入れていかれます。
一番上にのど仏をのせるのですが、すぎやんののど仏を拾い上げた職員の方はこうおっしゃいました。

「きれいな仏様の形をしていらっしゃいます」

本当に、崩れもせず、きれいな形のままでした。

その後、残った骨を大きな骨壺に足下から順番に入れていきます。骨壺に入りきらない大きな骨は、職員の方が適当に割ってくれました。
「できるだけたくさん入れてあげて下さい」と職員の方がおっしゃる中、私も親戚も黙々とお骨を壺に入れていきます。

お骨の中には、熱で青く変色した金属がありました。

「わしを燃やしたら、足のあたりから金属が出てくるぞ。手術して入れたやつが」

時々言っていたすぎやんの言葉が、頭の中をよぎりました。

骨揚げ終了。
2つの骨壺を白い布でひとまとめにし、火葬証明書を受け取り、再度葬儀会場に戻りました。

その後、初七日法要。
本来の初七日は翌々日の月曜日ですが、この日に済ませてしまおうと思ったのです。
親戚もそのまま残り、法要に付き合ってくれました。

全ての儀式が終了したのは、午後3時過ぎ。
親戚が私を車で送り届けてくれました。

帰宅してしばらくすると、葬儀社担当のSさんが飾り付けに来て下さいました。
手際よくぱぱっと作業され、Sさんの手によって、すぎやんの遺影・お骨が無事に安置されました。

本当は四十九日まで火を絶やさないようにするのだが、最近は安全のために電灯を使っている。だから、渦巻き線香などを焚く必要はないが、この電灯は四十九日までは絶対消さずに、付けっぱなしにすること。

お供えはご飯だけ。浄土真宗では、お茶やお水は供える必要がない。普段はお供えしていても、お寺さんが来られる時は、下げておいた方がよい。

四十九日を迎えたら、連絡をくれれば、片付けに来る。

そんな注意事項を述べられた後、こう言い残してSさんは帰って行かれました。

「お疲れが出ませんように」

とうとう、ひとりに、なっちゃいました。

私はすぎやんの前に座り込み、「帰ってきたで」と声を掛け、しばらく呆然。
また涙が、ひとりでに、ぽたぽた。

その後気を取り直し、前日の宿泊セットだけは片付けることにしました。
その中には、防寒着の代わりとして持ち込んだ、すぎやんのジャンパーがありました。
そのジャンパー、なぜか少し重いのが気になっていました。

改めて調べてみると、内ポケットに何かが入っています。
取り出してみると、ティッシュにくるんだ100円玉が8枚出てきました。

いつ入れたものなんだろう。入院する前に準備したのかな、それともへそくりかな。
いかにもすぎやんらしくて、笑ってしまいました。


飾り付け






コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
現在表示中のすぎやん
月ごとのすぎやん
コメント
「今週のすぎやん」とは
娘のサイト
娘もがんばってます。
娘が作ったテンプレートが雑誌に掲載・収録されました。
ベクターでも絶賛公開中。

エクセルとワードのテンプレートが7個掲載・収録。



エクセルとワードのテンプレートが9個掲載・収録。



エクセルのテンプレートが11個掲載・収録。


介護関連サイト
独立行政法人福祉医療機構
 「WAM NET(ワムネット)」


MY介護の広場

高齢者住宅情報センター

介護用品・福祉用具の店舗販売と通販 快適空間スクリオ(大阪府箕面市)

有料老人ホーム アミーユ

相互リンクサイト
♪楽しく過ごすための快適・介護 『MyKaigo』
介護ヘルパー資格を取得し、介護と子育てを両立されているまめさんによる、介護と介護者に役立つ情報紹介サイト。脳挫傷による急性硬膜下血腫で倒れ、後に脳幹梗塞を発症した要介護5の義理のお母様を在宅介護されている様子が、手に取るようにわかります。

ほれ、ぽちっとな




レビューポータル「MONO-PORTAL」
レビューポータル「MONO-PORTAL」
すぎやんのおすすめ
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎 (JUGEMレビュー »)


「銀ちゃんは賢いやつや」と、すぎやん絶賛。
すぎやんのおすすめ
たかじんのそこまで言って委員会III
たかじんのそこまで言って委員会III (JUGEMレビュー »)


すぎやんは、昨今の時事問題をこの番組でチェックしている。(すぐ忘れるが(;_;))
すぎやんのおすすめ
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD]
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD] (JUGEMレビュー »)

「水戸黄門は東野英治郎や」と、すぎやんは熱く語る。
すぎやんのおすすめ
サザエさん (1)
サザエさん (1) (JUGEMレビュー »)
長谷川 町子

「サザエさんはいつまで経っても年とらへん。親父は1本の髪の毛にドライヤー当てとる」と、すぎやんは笑う。

すぎやんのおすすめ
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1 (JUGEMレビュー »)

「長い顔のおかん」と「一家の顔がみな一緒」が、すぎやんのツボ。
すぎやんのおすすめ
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻 (JUGEMレビュー »)


「ちびまる、顔に線が入る」と、すぎやんは楽しみにしている。
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM