2005年9月4日のすぎやん

2005年9月4日のすぎやん


どんなちゃっちい物でも何かを買ってもらうと、すぎやんはとても喜びます。
この日、スーパーで物色したトランクスを何枚か持って行くと、喜んでいました。さらに、トランクスと一緒に購入した半ズボン(セール品の安物)を見せると狂喜乱舞。

「やっぱり持ってきてくれると思ってたわ」

試着させると脱ぎたがらず「このままおる」と言うので、そのままはかせておきました。

さて、すぎやんの車いす。
とりあえず仮止めしていた車いすの足置きが、完全に取れてしまっていました。修理不可能な箇所が壊れてしまっているので、修理は無理だとの回答を既にもらっていたので、購入の必要が出てきました。ちょうど施設長さんがおられたので、購入方法のことをいろいろと相談してみました。
その後、施設長さんがこんなことをおっしゃいました。

「すぎやんが、さかんに『家に帰りたい』とおっしゃっているんですけど、どんなもんでしょう? 一度お考えになってみては?」

すぎやんは、「こんなとこでは死ねん」「いっぺん、家に帰って監督しなあかん」「家に帰った方が金かからん」などという表現で、家に帰りたいとしょっちゅう言っています。亡くなった母は、「里心がついてしまい、戻りたがらない」という理由で、今のような体になってから父を一度も連れ帰ったことはありませんでした。私も母が亡き後、それをそのまま踏襲しています。

「考えたことは何度もあります。連れて帰ってもいいんですけど、施設に戻った後に、『帰る、帰る』とまたすぐわがままを言って迷惑をおかけするのではないだろうかって、気になるんです」

私がこう言ったところ、施設長さんはこうおっしゃいました。

「家で数時間、ご飯を食べたりビールを飲んだりして楽しく過ごして、また戻ってくるという楽しみを持ってもらってもいいんじゃないでしょうかね。それに、リハビリの先生から、すぎやんの筋力が最近落ちてきているとのお話もあります。連れ帰りたくてもできなくなる可能性もあります。可能なうちにされたらいかがですか。早めにおっしゃって下さったら、付き添いさせて頂けるよう職員のシフトも組みますよ」

その言葉を反芻しながら、家に向かって原付を走らせながら、来年が母の十三回忌にあたることを思いました。
母の命日は、お正月が明けてすぐです。ですから、年末にお寺さんにきてもらおうと思っていました。母の法事には一度も参列していないすぎやん、これに合わせて連れ帰るのもいいかもしれないな。きちんとお別れをさせてあげてもいいかもしれないな。

前向きに考えてみよう。




2005年9月11日のすぎやん

2005年9月11日のすぎやん


9月6日は、すぎやんの誕生日でした。昭和10年(1935年)生まれのすぎやん、今年満70歳を迎えました。

車いすの件で、ちょうど6日にお電話下さった施設長代行の木下さん(仮名)が、「今日、外のテラスですぎやんのお誕生会をさせて頂きます」とおっしゃっていたのですが、施設長さんや木下さんをはじめ、いけちゃん他数人のスタッフたちとビールで乾杯し、お祝いしてもらったみたいです。たまたまいらしていた入所者さんのご家族からもビールの差し入れがあり、にぎやかなパーティーになったようです。

プレゼントは、色紙とお花。
色紙には「70歳おめでとう」と大書きされ、すぎやんの明るい笑顔の写真を切り貼りし、普段すぎやんにまとわりついているスタッフ数名のメッセージが書かれてあります。私までうれしくなり、さっそく部屋の壁に貼りました。
お花はオアシスにさしてあり、まだきれいに咲き誇っています。

ただすぎやんは、少々しょげています。

「とうとう70になってしもうた。年をとってしもうた」
「しゃあないやん。順番やで。私かって、40を回ったんやで」
「おまえが40になるんやからなぁ」
「生きることと死ぬことと年とることは、どんな人でも逃げられへんからな」
「そやな、どんな偉い人でも、みんな死んでいくからなぁ」

でも、納得し切れていない様子です。



お祝いの花



2005年9月18日のすぎやん

2005年9月18日のすぎやん


ベッドに寝ころんでうとうとしていたすぎやん。
「半ズボンはいてベッドに寝ころんでたら、足が涼しくて気持ちがええぞ」

それもそのはずです。それまで腕だけだった日焼けが、半ズボンのせいで足まで真っ黒になってしまっているのですから。会う人ごとに「ひえー」と言われ、往診の先生やリハビリの先生も驚きの声を上げていたらしいです。


日焼けした足



「わしは皮膚が強いから、昔から絶対皮はむけへん」と豪語する通り、日焼けした足はてかてかと光るだけで、皮はまったくむける様子がありません。

「あんまり日に当たりすぎたら、皮膚ガンになるで」
「(往診の)先生が『あんたは絶対大丈夫や』と言うたはったぞ」

どう受け止めればいいのでしょうか(^^)。




2005年9月25日のすぎやん

2005年9月25日のすぎやん


午前中の散歩は、相変わらず続いています。
この間から、新しい歩道ができたのでそこを通れば安心だ、と一生懸命説明してくれていたすぎやん。でもどこのことなのか、すぎやんの話からはいまいち理解できずにいました。そこで、散歩がてら案内してもらうことにしました。

施設のそばには私鉄が走っているのですが、その線路沿いにいつのまにか新しい道ができていました。歩行者と自転車しか通れない道で、なるほど確かに安全そうです。
「危なないやろ」と、すぎやんは盛んに私にPRしていました。
そのままスーパーに入り、大好きなお造りを購入しました。スーパーにはなじみの店員さんもおり、親しげにしゃべっています。

この方に限らず、すぎやんのご近所交流はますます盛んになっています。
おみやげを持ってきて下さる例の「和服美人」からは、最近靴の中敷きのプレゼントがありました。すぎやんの「夏は汗をかいて、靴の中が蒸れる」という言葉を覚えていて下さったようなのです。

近所の不動産屋のご主人とも顔なじみになり、「『暑いから中に入り』って言われたから、この間店に入った」。
たまたま通りかかった子供連れの奥さんともしゃべり始め、この奥さんのご主人とも顔なじみだと言います。
施設長さん曰く、「私らよりご近所通です」

こんなに社交的な人ではなかったはずなのですが。




カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
現在表示中のすぎやん
月ごとのすぎやん
コメント
「今週のすぎやん」とは
娘のサイト
娘もがんばってます。
娘が作ったテンプレートが雑誌に掲載・収録されました。
ベクターでも絶賛公開中。

エクセルとワードのテンプレートが7個掲載・収録。



エクセルとワードのテンプレートが9個掲載・収録。



エクセルのテンプレートが11個掲載・収録。


介護関連サイト
独立行政法人福祉医療機構
 「WAM NET(ワムネット)」


MY介護の広場

高齢者住宅情報センター

介護用品・福祉用具の店舗販売と通販 快適空間スクリオ(大阪府箕面市)

有料老人ホーム アミーユ

相互リンクサイト
♪楽しく過ごすための快適・介護 『MyKaigo』
介護ヘルパー資格を取得し、介護と子育てを両立されているまめさんによる、介護と介護者に役立つ情報紹介サイト。脳挫傷による急性硬膜下血腫で倒れ、後に脳幹梗塞を発症した要介護5の義理のお母様を在宅介護されている様子が、手に取るようにわかります。

ほれ、ぽちっとな




レビューポータル「MONO-PORTAL」
レビューポータル「MONO-PORTAL」
すぎやんのおすすめ
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎 (JUGEMレビュー »)


「銀ちゃんは賢いやつや」と、すぎやん絶賛。
すぎやんのおすすめ
たかじんのそこまで言って委員会III
たかじんのそこまで言って委員会III (JUGEMレビュー »)


すぎやんは、昨今の時事問題をこの番組でチェックしている。(すぐ忘れるが(;_;))
すぎやんのおすすめ
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD]
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD] (JUGEMレビュー »)

「水戸黄門は東野英治郎や」と、すぎやんは熱く語る。
すぎやんのおすすめ
サザエさん (1)
サザエさん (1) (JUGEMレビュー »)
長谷川 町子

「サザエさんはいつまで経っても年とらへん。親父は1本の髪の毛にドライヤー当てとる」と、すぎやんは笑う。

すぎやんのおすすめ
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1 (JUGEMレビュー »)

「長い顔のおかん」と「一家の顔がみな一緒」が、すぎやんのツボ。
すぎやんのおすすめ
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻 (JUGEMレビュー »)


「ちびまる、顔に線が入る」と、すぎやんは楽しみにしている。
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM