2005年10月2日のすぎやん

2005年10月2日のすぎやん


施設の中にいると、痴呆のある方の言動でイライラしてしまうすぎやん。この日は天気もよく、駐輪場横の建物の日陰に入り、私を待ってくれていました。

「中、入る?」
「おばんがうるさいから、いやや。ここにおるわ」

そこで、私だけが中に入って荷物を置き、1週間分のビールを施設に預け、部屋の中を簡単に掃除してから外に出ました。そして、玄関横にあるテラスでお茶とおやつを頂きました。

なんだかんだとうだうだしゃべっていると、突然すぎやんが言いました。

「おまえ、大人になったな」

当然やん、と答えましたが、何だったんでしょうかね。




2005年10月9日のすぎやん

2005年10月9日のすぎやん


半ズボンでむき出しの足は、青さびがはえたような状態になっています。
これまで私は、すぎやんに年中長ズボンをはいてもらっていました。冷えに敏感で、寒くなるとすぐ腕が痛いとかいろいろ訴えるからです。だから、こんなに足をむき出しにするのは、かなり久しぶりのことだと思います。
そのせいか、日焼けした足の肌は乾燥し、かなりかゆいみたいです。ぼりぼりかいた結果が、さびのはえたようなきたない足。
来年からは、日焼け止めを用意しないといけないなと思いました。

この日も、表のテラスで過ごしました。
施設の周りには、たくさんのマンションがあります。大通りほど多くはありませんが、施設の前もよく車が通ります。すぎやんは、車が通るたびに文句を言っています。

「下手くそやのに、とろとろ走りやがって」

すぎやんは昔、長距離ドライバーをしていました。運転していたのは、超大型トレーラーです。いろいろ欠点のあるすぎやんですが、車の運転技術だけは確かでした。そんなことには全く気付かなかったのですが、私自身が車の免許を取得して、それが初めてわかりました。
あのトレーラーをひとりで運転していたということが、どれだけすごいことなのかということを。

自分が現役ドライバーだったころに比べて、運転が下手な人が増えたことが辛抱たまらんようで、ぶいぶいぼやきます。
「車なんかに乗らんと、公共機関を使え」

最近、本気で車を購入しようかと考えている私、あまりにもっともらしいことをおっしゃるすぎやんに、こう言ってみました。

「車、考えなあかんかなぁ、と思ってんねん」
「車買うんか? そやけどおまえ、買うても乗らへんやろ」

その後、とんでもないことを言い出しました。

「車でどっかに連れてってくれや」
「・・・今、ついさっき、公共機関を使えって言って、文句言うとったやん」

すぎやん、もごもごしてました。




2005年10月16日のすぎやん

2005年10月16日のすぎやん


数日前に施設からお電話を頂き、こんなやりとりをしました。

「新しい車いすが無事届きまして、さっそくすぎやんに乗って頂いてます」
「すみません。お手数をおかけします」
「車いすが新しくなったんで、すぎやん、かなりテンションが高いですよ」
「あぁ、そうですか。やっぱりねぇ」

すぎやんはこの日、ベッドに寝ころんでいました。

「新しい車いす、来たんやって。あ、これ?」
「おう、車いすが新しなって、わしうれしいわ。おおきに」

よほどうれしかったらしく、何度も何度も言っていました。

私も早速試乗してみました。座り心地もよく、何よりも本体がとても軽いので、スムーズに動きます。
ただ以前の車いすは、左手が萎縮しているすぎやんのために、肘置きが標準よりも高めにされた特別仕様でした。本体も少し重かったのです。

「不自由、ない? 前のと比べて手を置くとこも違うけど、いける?」
「大丈夫や。もうだいぶ運転にも慣れたぞ」

特に問題なさそうです。
ただ、すぎやんは車いすを結構酷使するので、少しでも長持ちしてほしいと祈るばかりです。




2005年10月23日のすぎやん

2005年10月23日のすぎやん


普段は土曜日に行われている歩行リハビリですが、ちゃびん先生の都合で今日行われていました。私が到着した時、ちょうどリハビリがスタートしたところで、久しぶりにすぎやんが歩いている様子を見ることができました。

すぎやんの部屋を出るとすぐ、玄関につながる廊下があります。足の装具を付けて杖と先生の助けを借りて立ち上がり、先生の支えを受けながら杖をつきながら歩きます。「1、2、3」と声を出し、足と杖を交互に出して進みます。玄関前でUターンして部屋の前まで戻ります。往復30メートルほどでしょうか。

気持ちがはやり、ついつい早足になってしまうすぎやんは、1往復でぜいぜい言っております。先生は、「どうする? しんどかったらやめときや」と声を掛けてくださるのですが、車いすに座っての小休止後、さらに1往復することが多いのです。
だけどこの後半の1往復が、翌日バテている原因なのです。

それで先生に、「リハビリの次の日、バテているんです」と言ってみました。すると先生は、「それならやめておきましょう」とおっしゃり、この日は1往復でリハビリが終了しました。

すぎやんが自力で歩くことは、まず不可能です。歩行リハビリは、進歩よりも現状維持を目指す類のものです。ですが、歩く姿を見ていると、筋力が落ちてきているのがわかります。そっとのぞき見した先生のカルテにも、はっきりと記載してありました。
でもすぎやんは、「ここまで歩けるようになったのは、ちゃびん先生のおかげだ」と、非常に感謝しています。毎週、ちゃびん先生が来るのをとても楽しみにしています。




2005年10月30日のすぎやん

2005年10月30日のすぎやん


部屋の窓が開けにくいと、私に訴えます。
すべりは悪くないのですが、一旦窓を閉めてしまうと力を入れないと開けられない状態になっています。すぎやんは車いすに座っており、なおかつ窓際に少し物を置いているので、力が入れられないのです。

「なんとかせぇ、って怒ってるんや。そやけど、あいつら(スタッフのこと)すぐ忘れよる」

スタッフを呼んで開けてもらっているようですが、ぶいぶい怒っていました。




カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
現在表示中のすぎやん
月ごとのすぎやん
コメント
「今週のすぎやん」とは
娘のサイト
娘もがんばってます。
娘が作ったテンプレートが雑誌に掲載・収録されました。
ベクターでも絶賛公開中。

エクセルとワードのテンプレートが7個掲載・収録。



エクセルとワードのテンプレートが9個掲載・収録。



エクセルのテンプレートが11個掲載・収録。


介護関連サイト
独立行政法人福祉医療機構
 「WAM NET(ワムネット)」


MY介護の広場

高齢者住宅情報センター

介護用品・福祉用具の店舗販売と通販 快適空間スクリオ(大阪府箕面市)

有料老人ホーム アミーユ

相互リンクサイト
♪楽しく過ごすための快適・介護 『MyKaigo』
介護ヘルパー資格を取得し、介護と子育てを両立されているまめさんによる、介護と介護者に役立つ情報紹介サイト。脳挫傷による急性硬膜下血腫で倒れ、後に脳幹梗塞を発症した要介護5の義理のお母様を在宅介護されている様子が、手に取るようにわかります。

ほれ、ぽちっとな




レビューポータル「MONO-PORTAL」
レビューポータル「MONO-PORTAL」
すぎやんのおすすめ
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎 (JUGEMレビュー »)


「銀ちゃんは賢いやつや」と、すぎやん絶賛。
すぎやんのおすすめ
たかじんのそこまで言って委員会III
たかじんのそこまで言って委員会III (JUGEMレビュー »)


すぎやんは、昨今の時事問題をこの番組でチェックしている。(すぐ忘れるが(;_;))
すぎやんのおすすめ
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD]
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD] (JUGEMレビュー »)

「水戸黄門は東野英治郎や」と、すぎやんは熱く語る。
すぎやんのおすすめ
サザエさん (1)
サザエさん (1) (JUGEMレビュー »)
長谷川 町子

「サザエさんはいつまで経っても年とらへん。親父は1本の髪の毛にドライヤー当てとる」と、すぎやんは笑う。

すぎやんのおすすめ
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1 (JUGEMレビュー »)

「長い顔のおかん」と「一家の顔がみな一緒」が、すぎやんのツボ。
すぎやんのおすすめ
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻 (JUGEMレビュー »)


「ちびまる、顔に線が入る」と、すぎやんは楽しみにしている。
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM