2008年3月2日のすぎやん

2008年3月2日のすぎやん


「今日は寒いやろ」と2回ほど繰り返すすぎやん。
それほど寒さを感じる天気ではなかったのですが、肩から腕の痛みを感じていたらしいです。

この日もテレビには「ミナミの帝王」。銀ちゃんを見ながら、うだうだと語り合います。
すぎやんは、私の髪の毛を見ながら、こう聞いてきます。

「髪の毛、一月でどれくらい伸びんねん?」
「長うなったやろ? 切りに行きたいねんけど、なんか『ここ!』っていう散髪屋が決められへんねん」

そうなのです。カットに長いこと行っていない私、髪が相当伸びてしまっているのです。

「早う行かなあかんぞ。お前も『カリスマ美容師』とかいうのにやってもらうんか?」
「カリスマ美容師って!」
「このごろ、男がやっとるんやろ? 男のくせに女の頭やるって・・・」

散髪屋は男性、美容院は女性がやるものだと思っているすぎやんなのです。

「そやけど、最近は男の人が多いで。散髪屋をやりたがる男の子が減ってるんやって」
「わしは、男が女の頭やるっていうのは、いややな」

最後に「早く決まった店を見つけなあかんぞ」と、すぎやんから暖かいアドバイスを頂きました。

普段着として着用しているジーンズの生地が、かなり薄くなってきました。
裾の方は、破れてきています。

「もう買わなあかんなぁ」
「もうええやろ。新しいの買えや。あいつも喜んでるぞ。『よう履いてくれた』って」

このジーンズ、元々は私の母のものです。
母は骨格ががっしりしていたので、サイズが若干合わないのですが、母が亡くなってからもしつこく履いています。
スーパーの吊し商品ではありますが、トータルで20年近く現役を続けているということになるでしょうか。

「あいつ、そこについてるかもしれへんぞ」
「なんやったら、このズボン置いて帰ろか? 夜寝る時に横に置いといたら?」
「いやや、寝られへん」

どうして、自分の奥さんのことを、そんなに嫌がるのでしょうか。




2008年3月9日のすぎやん

2008年3月9日のすぎやん


ようやっと、暖かい日が続くようになりました。この日も比較的暖かったので、

「外に(散歩に)出る?」
「寒いからええ」
「今日はぬくいし、大丈夫やで」
「出えへん」

かたくなに、首を縦にふりませんでした。

ふと冷蔵庫の上を見ると、着替えが置かれています。入浴準備、万端です。
ちなみにすぎやんの入浴日は、月・木・土です。

「今日、風呂? 今日は日曜日やで」
「ここはわからへんのや。急に来よる時があるんや」

そうはおっしゃいますが、私め毎週日曜日来ておりますが、日曜入浴はめったにございません。

「昨日、お風呂入ったんとちゃうの?」
「おう、入った」
「『今日、お風呂やで』って、誰かが言いに来はった?」

きょとんとした様子のすぎやん、数秒固まった後、「そやな、ちゃうな。わしあほやな」と言いつつ、用意した着替えを片付け始めました。

この日は、話の内容に一貫性がなく、時系列もぐちゃぐちゃです。
部屋に顔を出してくれた居室担当のちょんまげさんにも、すぎやんは盛んに話しかけるのですが、話のつじつまが合わないので彼も苦笑い。

北海道の海の幸を紹介するテレショップを、ふたりで見ていました。
その中で、「根ぼっけ」という商品が出てきました。それを見たすぎやん、

「根ぼっけ、うまいな」
「ふーん、おいしいの。なんで買うてきてくれへんかったんかなぁ?」

大型トレーラを運転し、全国あちこち走っていたすぎやん。地元のおいしい物の話をよく聞きますが、一度としておみやげを持って帰ってきたことがありません。

「仕事で忙しくて、買う暇がないんや」
「おみやげ買ってきてくれたこと、1回もなかったなぁ。自分だけおいしいの、食べてたんと違うん?」
「そんなもん、食べるかい」
「温泉入って来たとか言ってたけど、そういうとこに、妻と子供を連れてきたろかな〜って、思わへん?」
「行ったやんけ」
「私が物心ついてからは、ない!」
「もうええやんけ。時効や。過去のことや」

自分に都合の悪いことはみんな「過去のことや」でごまかす、すぎやんです。




2008年3月16日のすぎやん

2008年3月16日のすぎやん


少し風はあるものの、暖かい1日でした。で、すぎやんに声を掛けてみました。

「外へ出る?」
「寒いからええ」
「寒くないって」
「・・ええわ」

あきらめた様子の私を見て、「わし、だんだん弱くなるな。もういよいよあかんな」と、えらく気弱モードのすぎやん。
そこで、おみやげに持って行った平天と刺身の入ったスーパーの袋を、すぎやんの目の前にぶらぶらさせました。

「ふーん、もうあかんのや。そしたらこれ持って帰ろかな」

その袋の中に何が入っているのか見当が付いたらしいすぎやん、ちょっと慌てた様子です。

「あほ。今日、明日くらいはいけるわ」
「今日、明日ですか」
「1年、2年は・・・」
「えらい急に伸びるなぁ」

気弱モードだったのは最初だけ。この日はしゃべることしゃべること。
昔の話、今の話と、しゃべり続けです。

シーツ交換が日曜から月曜に変更になると言いに来てくれた施設長さんに、すぎやんはおちょくりの手を緩めず、彼をつかんで離しません。
フットバスの用意をしてくれているスタッフにも、しゃべり続けます。

とにかく、すぎやんの部屋に入ったら最後、なかなか解放してもらえません。

帰り際もしゃべりが止まらず、部屋の入口から離れられません。
「もう帰らしてくれる?」のひとことで、ようやくスイッチが切れました。

最近、本当に寂しがりになりました。
素直になってくれるのはうれしいけど、切なくなります。




2008年3月23日のすぎやん

2008年3月23日のすぎやん


施設の駐輪場で、スタッフのつねちゃんとばったり会いました。

「今日はこれからですか?」
「そうです、夜勤です」
「あー、大変ですね。でも、すぎやんは喜ぶんですけどねぇ」

つねちゃん、苦笑い。

野球シーズン到来です。
この日もすぎやんは「ナイターを見る」と楽しみにしていました。日本の球場で大リーグの試合が行われるようになるなんて、時代も変わったものです。

「大リーグのやつらは、日本に家族連れて羽をのばしに来とるんや」

すぎやんは、巨人ファンです。でも最近は、昔ほどおもしろくないとぼやいてます。

「わし、原、嫌いや」
「そやけど、前の堀内さんも嫌いやって、言うてたやん」
「堀内より原の方がましや。あいつはあかんわ」

テレビには大相撲の千秋楽の様子が映っています。
すぎやんが相撲を見るなんて滅多にないのですが、朝青龍と白鵬との優勝決定戦まで2人で見ました。

両横綱結びの一番。勝った方が優勝です。当然、ものすごい数の懸賞幕が土俵の周りをぐるぐる。

「懸賞って、なんぼもらえるんや?」
「さぁ、なんぼくらいかなぁ。はっきり知らんわ」
「懸賞金もろうたら、弟子ら連れて、飲みに行くんやろな」

どっちが勝つやろ?と言い合っているうちに、あっという間に朝青龍が勝ちました。

「あいつ、今晩は大騒ぎやな。タニマチ連れて、芸者あげて大騒ぎや」
「まぁ、そうやろな」
「あいつらは、地方巡業で羽をのばしよるんや。うまいもん食って、スナックで遊びよるんや。相撲取りは給料いくらもらってるんやろ?」

すぎやんに「相撲」という言葉を入力すると、全てお金と酒の話に変換されてしまいます。挙げ句の果てに

「世の中みな銭や。銭がなかったら何もでけへん」

そりゃあそうかもしれませんが、もうちょっと純粋に相撲を楽しめませんかねぇ。すぎやん。




2008年3月30日のすぎやん

2008年3月30日のすぎやん


部屋に入るなり、すぎやんが訴えてきました。

「やまやんが、おらんようになる」
「やまやん、って・・・」
「ちょんまげや」
「え〜っ、ほんまに?」
「転勤や。今日、挨拶に来よった」

この日の前日、4月12日に開催されるお花見への参加について、彼からお電話を頂いたところだったのです。でもそんな話、聞いてない。
転勤先は、すぎやんが暮らす施設から、車で10分ほど離れた場所です。4月1日から変わられるようです。

「ほんまに?」と何度くりかえしたことか。

廊下でたまたまお会いしたので、「転勤になられるんですか」と聞くと「そうなんです・・」とのこと。
それなら電話をくれた時に、言ってくれたらいいのに。

ちょんまげさんが居室担当になって、まだ半年。やっと慣れてきたところだったのに、すごく残念です。
すぎやんも「あいつはようやってくれた」と何度も言い、さびしがっていました。

一騒ぎの後、「ぐるナイ」の再放送を、2人で見ました。
画面に映し出される札束を見て、すぎやんは「あれがこっちに、ふいっと出てけえへんかな」と何度も言っています。

「出てけえへんかな。100万なんて、こんな薄っぺらいもんな」
「もし出てきたら、私がすぐに奪う。すぎやん銀行に預けたら、すぐになくなってしまうもん」
「道ばたに100万ほど落ちてへんかと思うて、下を向いてきょろきょろするんや」
「そんなん、落ちてへんわ。1万円かって落ちてへんで」
「ほんまに落ちてへんな」

とにかく、お金の話題には敏感です。

この日も、帰り際にあれこれ話しかけて、なかなか私を放そうとしません。

「また1週間会われへんのか」
「明日仕事か」
「今度いつ来る?」

切ないです。




カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
現在表示中のすぎやん
月ごとのすぎやん
コメント
「今週のすぎやん」とは
娘のサイト
娘もがんばってます。
娘が作ったテンプレートが雑誌に掲載・収録されました。
ベクターでも絶賛公開中。

エクセルとワードのテンプレートが7個掲載・収録。



エクセルとワードのテンプレートが9個掲載・収録。



エクセルのテンプレートが11個掲載・収録。


介護関連サイト
独立行政法人福祉医療機構
 「WAM NET(ワムネット)」


MY介護の広場

高齢者住宅情報センター

介護用品・福祉用具の店舗販売と通販 快適空間スクリオ(大阪府箕面市)

有料老人ホーム アミーユ

相互リンクサイト
♪楽しく過ごすための快適・介護 『MyKaigo』
介護ヘルパー資格を取得し、介護と子育てを両立されているまめさんによる、介護と介護者に役立つ情報紹介サイト。脳挫傷による急性硬膜下血腫で倒れ、後に脳幹梗塞を発症した要介護5の義理のお母様を在宅介護されている様子が、手に取るようにわかります。

ほれ、ぽちっとな




レビューポータル「MONO-PORTAL」
レビューポータル「MONO-PORTAL」
すぎやんのおすすめ
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎 (JUGEMレビュー »)


「銀ちゃんは賢いやつや」と、すぎやん絶賛。
すぎやんのおすすめ
たかじんのそこまで言って委員会III
たかじんのそこまで言って委員会III (JUGEMレビュー »)


すぎやんは、昨今の時事問題をこの番組でチェックしている。(すぐ忘れるが(;_;))
すぎやんのおすすめ
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD]
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD] (JUGEMレビュー »)

「水戸黄門は東野英治郎や」と、すぎやんは熱く語る。
すぎやんのおすすめ
サザエさん (1)
サザエさん (1) (JUGEMレビュー »)
長谷川 町子

「サザエさんはいつまで経っても年とらへん。親父は1本の髪の毛にドライヤー当てとる」と、すぎやんは笑う。

すぎやんのおすすめ
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1 (JUGEMレビュー »)

「長い顔のおかん」と「一家の顔がみな一緒」が、すぎやんのツボ。
すぎやんのおすすめ
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻 (JUGEMレビュー »)


「ちびまる、顔に線が入る」と、すぎやんは楽しみにしている。
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM