2008年1月1日のすぎやん

2008年1月1日のすぎやん


「おめでとうございます」
「今年もよろしゅうにな」

このやりとりで、すぎやんとの2008年がスタートしました。

今日は1月2日や、とか、正月は今日でしまいや、とか、少々とんちんかんなことをいろいろ言ってはいましたが、特別変わりはありません。
わいわいしゃべっていたら、すぎやん居室担当のちょんまげさんが入って来られました。暖房の効いた部屋に閉じこもりがちなので、部屋に加湿器を置いた方がよいとのアドバイスがありました。去年まで使っていたのは、余っていた施設の備品だったらしいのです。知らなかった。

夕方4時過ぎから入浴タイム。この日の風呂当番は、元すぎやん居室担当のつねちゃんです。
すぎやんは、つねちゃんが大好き。相当ご機嫌で、おしゃべりも止まりません。止まらないので、すぎやんが湯船につかっている間も、彼女はすぎやんのそばを離れることができません。

お手間をおかけします。

ところで、すぎやんはたとえ更衣室であろうと、自分の入浴中に誰かが入ってくるのが大嫌いです。
「くそばばあ(認知症の女性のこと)が入ってけえへんか」と常に警戒モードです。あまりに何度も「くそばばあ」と言うので、

「じゃ、自分はくそじじいやん」
「わしは、S(自分の名字)や」
「それやったら、ばあちゃんも、くそばばあとちゃうやん。ちゃんと名前があんねんから。理屈に合うてるやろ?」
「わしはあんなんと違う。わしは、わしや」
「はいはい、わかりました。はいはい」

このやりとりを聞いていたつねちゃん、大笑いしていました。




2008年1月3日のすぎやん

2008年1月3日のすぎやん


正月3が日のうちの1日、家に連れ帰ろうと計画していました。でも今年の寒さは、半端ではありません。部屋に閉じこもりがちで、体力も落ちているすぎやん。風邪を引かれても困ります。
そこで、昼食を一緒に食べようと思い立ち、スーパーで弁当を買い込み、施設に行きました。

「おめでとうございます」
「・・もう挨拶したやん。私、前にいつ来たか覚えてる?」
「・・・大晦日や」
「ちゃう」
「年末、やな。お前、毎年『元旦にいっつも来てるやん!』って言うてるな」
「そんなことは、よう覚えてるんやな」

結局、元旦に顔を出したことは、覚えてもらってませんでした。

すぎやんの昼食のメインは、ちらしずし。でもすぎやんは、あまり好きではありません。それに、ちらしずしの中に入っているしいたけが嫌いなので、しいたけ選別作業に時間がかかり、ちっとも食が進みません。
卵豆腐用に用意されたスプーンにも、「こんなん、いらんって言うてんのに」とぶいぶい怒ってます。
文句を言わずに食事している所なんて、見たことありません。

私は、ハンバーグ弁当を食べていました。すぎやんは私の弁当をのぞき込み、付け合わせの野菜を見ながら、こう言い出しました。

「お前、そんなん食べるんか」
「食べるよ」
「お前、そんなん食べへんかったのに」
「大人になったんやん」

すぎやんの中の私は、いつまで経っても高校生くらいです。当時は食が細く、好き嫌いも非常に多かったのです。野菜は本当に嫌いでした。その印象が抜けないんでしょうね。
食べ終わるまで、「そんなん、食べるようになったんか。そんだけ食べられるようになったんか」と言ってました。

食後ひとしきり話をしてから「帰るわ」と立ち上がると、「もう帰るんか」と言うすぎやん。これは毎回のことなのですが、この日はやけに食いついてきます。

「もう帰るんか」
「うん」
「ほんまに帰るんか」
「帰るよ」

すると、車いすごと私の方に向け、「この体勢やのに、帰るんか」と突っ込んできます。家まで遊びに連れて帰ってくれると思い込んでいたようでした。
外は非常に寒いから風邪を引いては困る、またぬくくなったら遊びに帰ろう、と、何度も繰り返し、やっと納得してもらえました。

しんどかった。




2008年1月6日のすぎやん

2008年1月6日のすぎやん


「今まで寝てた。今起きたとこや」
「しんどいん? 風邪とちゃうん?」
「いや、風邪とちゃうと思うけど、何やしんどい」

この日は言葉も聞き取りにくく、何を言っているのかわからない時がありました。集中力もありません。
正直、しゃべっているとせわしなくって、いらついてしまいます。

音にも相変わらず神経質で、「耳栓がほしい」と言われたこともあるのですが、スタッフの声等、全ての音が聞こえなくなってしまうので躊躇していました。
そこで、私が以前使っていた年代物のヘッドホンを持って行きました。すぎやんのテレビは、ステレオ音声に対応していません。だから、ヘッドホンの片方からしか音が聞こえないのですが、周りの音は若干遮ることができると思ったのです。

右手しか使えないすぎやん、セッティングに難儀していましたが、練習しているうちに何とかできるようになりました。

「(今まで使っていた)イヤホン、どないしよう?」
「ヘッドホンとイヤホン、使い分けたらええやん。うるさいと思う時間帯は、ヘッドホンしたら? とりあえず1週間試してみて。来週、どうやったかまた聞くわ」

ヘッドホンの説明をしている時、書類を持って部屋に入って来たスタッフに、すぎやんは速攻で自慢してました。

「ええやろ。わしは時代の最先端を行ってる」

スタッフが持って来てくれた書類の中には、新聞が入っていました。
その新聞、スタッフが毎月事務所のパソコンでせっせと作成しておられるのですが、片隅に利用者の家族向けの居室担当者からの手書きメッセージ欄があります。

居室担当者からのメッセージ

確かに、「内容のない会話」です。楽しんでもらって、ありがとう。




2008年1月13日のすぎやん

2008年1月13日のすぎやん


「『すぎやんは、おるやおらんや、わからへんわ』って、みんな言いよんぞ」

これが最近のすぎやんの口癖です。

要するに、最近は部屋でおとなしくしている、大声で怒鳴っていない、というのをアピールしているのです。
が、しかし、どんなにおとなしくしていても、すぎやんは存在感抜群です。なので、こちらも「はいはい」と答えるのが習慣になってしまいました。

先週持参したヘッドホンの使い心地を確認しました。
「音がええ」とか「こっち(片耳)からしか聞こえへん」とか、いろいろ感想を述べてはくれるのですが、私の質問事項である「周りの音(特にいつも気にしている人の声や物音)の聞こえ方はどうか」についての答えに、なかなかたどりつきません。

「かなりましや。半分くらいになった」という答えが出てくるまで、何分かかったことでしょう。
まあまあ好評なので、引き続き使ってもらうことにしました。

またこの日、注文していた加湿器が届きました。音には敏感な人なので、ボネコの気化式加湿器を楽天市場でチェック、最安値を付けていたショップからゲットしました。
寸法的に大きいのでどうかなと思っていたのですが、予想よりも圧迫感が少なく、すぎやんの動きにも邪魔にならないようなので安心しました。タンクも大きいので、水の補充は日に1回でよさそうです。

「電気代がもったいない。晩になったら消さんでええんか」と言っていたすぎやんに、付けっぱなしでも大丈夫、消したら加湿器の意味がない、水は日に1回くらいスタッフに入れてもらって、と何度も説明しました。




2008年1月14日のすぎやん

2008年1月14日のすぎやん


前日の帰り際、ホワイトボードのペンがインク切れで、ストックもないことが判明、「買うて来い」とのすぎやんの指令もあったので、ホームセンターで購入して持って行きました。

風呂上がりで、ぼーっとした顔をしているすぎやん。
「ペン持って来たで」と何回か言ったのですが、私の訪問目的や言葉が今ひとつ理解できなかったようです。
脳内シナプスが無事つながり、お礼の言葉がいただけたのは、それから数分後でした。

ペンよりも何よりも、すぎやんはテレビの「マグロ一本釣り」番組に夢中です。
すぎやんは釣りが好きでした。かつ、マグロが大好きです。一石二鳥的なこういう番組は、欠かさず見ています。

「マグロ1本あがれば、百万や」のセリフ、何度言ったことか。

他にも、「この魚はマグロのえさに捕りよったんや」とか、「今、仕掛けを作ってるんや」とか、やや興奮気味の解説が入り、番組終了まで部屋から出ることはできませんでした。




2008年1月20日のすぎやん

2008年1月20日のすぎやん


すぎやんの部屋に入ったのは、夕方3時半頃。入るなり、

「今日は遅い」

決して遅くはないのですが、大変申し訳ございませんでした。

衣類を収納しているタンスの引き出しを、久しぶりに整理しました。
イヤホンやらヘッドホンやらも一緒に突っ込まれているのですが、いつゲットしたかわからない、小さい袋入りのわさびも何個か発見。
「いつのかわからへんし、もう捨てるで」と言いつつ、さらにごそごそすると、100円玉を5枚発見。

すぎやんの、へそくりです。

「何、これ?」と言うと、見つけられた悔しさもあって、「かまへんやんけ」と言いつつ、かなりすねてました。

すぎやんの夕飯は、午後5時半からです。
4時頃に、すぎやんは「腹が減った。UFO、食う」と言い出しました。ご飯まで間がないと止めたのですが、結局、スタッフに頼んで買ってきてもらったUFOをキッチンスタッフに作ってもらいました。

「このごろはちっとも外に出えへん。ずっと部屋におる。そやから、買い物に代わりに行ってもらってる」
「お金、あったん?」
「あるわい。なかったら頼まへんわい。『すぎやんは、つけ、あかんもんな』って、みんな言いよる」
「当然やん」

つけ、つまり毎月まとめての後払いでもOKなのですが、すぎやんにそれを許可すると際限なくお金を使います。だから、後払いは禁止しているのです。
ほんとに、ほうっておいたら、あっという間に万単位のお金を使っちゃいますからね。

「わしかって、ちゃんと考えてんねんぞ。金なかったら、買わへん、って」
「あたりまえやん! お金なかったら買われへんやんか」

UFOは、2人で半分ずつ食べました。

「このラーメン、うまかったな」
「・・・これ、ラーメンとちゃうで」
「『ラ王買うてこい』って(スタッフに)言うたのに、なかったらしいわ」
「ラ王とUFOは、ちゃうで。ラ王はラーメン、UFOは焼きそば」
「そうか、焼きそばか」
「・・って、自分、今食べたやん!」

何だかなぁ。




2008年1月27日のすぎやん

2008年1月27日のすぎやん


小腹が減ったので、コンビニで「どん兵衛」を買って持って行きました。

「なんかお腹減ったし、ここで食べてええ?」
「おう、食えや」

で、キッチンに行ってお湯をもらって作りました。

ふと見ると、部屋にUFOが2つ置いてありました。

「3つ買うた。1つはO(施設長さん)にやった。1個はお前、残りはわしが食うんや」
「そやけど、あと1時間半で晩ご飯やから、やめとき」

で、私のどん兵衛を少し食べてもらいました。

「麺の味は、昔より落ちたな。だしは、うもうなった(おいしくなった)けど。汁、くれや」
「体にようないから、やめとき」
「全然油っぽうないやんけ。一番油っこいのはカップヌードルや」
「UFOかって相当やで」
「いや、カップヌードルや」

とりあえず、カップ麺を食べすぎないようにと、念押ししておきました。

ところでこの日は、大阪府知事選挙の日です。私は投票してからすぎやんの所に行ったのですが、すぎやんは事前に施設内で1票を投じたようです。

「選挙、誰入れたん?」
「橋下や。あいつしかおらへん」
「他にもおるやん」

他にも数人立候補されています。有力対立候補は、熊谷さんという方です。

「あんなん、あかん。顔見たらわかるやんけ」
「・・・」
「あの熊谷のおっさん、わし、顔が嫌いや」
「・・・」
「あんなおっさんがなれるんやったら、わしでも知事になれるわ」
「・・・何を根拠に・・・」
「わし、町会議員くらいやったら、いけるぞ」
「・・・」
「市会議員とか」
「・・・」
「市会議員なんて、しょうもないやつがなっとるやんけ」

すぎやんが市会議員になれるなら、私は地球連邦軍司令長官になれますわ。




カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
現在表示中のすぎやん
月ごとのすぎやん
コメント
「今週のすぎやん」とは
娘のサイト
娘もがんばってます。
娘が作ったテンプレートが雑誌に掲載・収録されました。
ベクターでも絶賛公開中。

エクセルとワードのテンプレートが7個掲載・収録。



エクセルとワードのテンプレートが9個掲載・収録。



エクセルのテンプレートが11個掲載・収録。


介護関連サイト
独立行政法人福祉医療機構
 「WAM NET(ワムネット)」


MY介護の広場

高齢者住宅情報センター

介護用品・福祉用具の店舗販売と通販 快適空間スクリオ(大阪府箕面市)

有料老人ホーム アミーユ

相互リンクサイト
♪楽しく過ごすための快適・介護 『MyKaigo』
介護ヘルパー資格を取得し、介護と子育てを両立されているまめさんによる、介護と介護者に役立つ情報紹介サイト。脳挫傷による急性硬膜下血腫で倒れ、後に脳幹梗塞を発症した要介護5の義理のお母様を在宅介護されている様子が、手に取るようにわかります。

ほれ、ぽちっとな




レビューポータル「MONO-PORTAL」
レビューポータル「MONO-PORTAL」
すぎやんのおすすめ
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎 (JUGEMレビュー »)


「銀ちゃんは賢いやつや」と、すぎやん絶賛。
すぎやんのおすすめ
たかじんのそこまで言って委員会III
たかじんのそこまで言って委員会III (JUGEMレビュー »)


すぎやんは、昨今の時事問題をこの番組でチェックしている。(すぐ忘れるが(;_;))
すぎやんのおすすめ
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD]
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD] (JUGEMレビュー »)

「水戸黄門は東野英治郎や」と、すぎやんは熱く語る。
すぎやんのおすすめ
サザエさん (1)
サザエさん (1) (JUGEMレビュー »)
長谷川 町子

「サザエさんはいつまで経っても年とらへん。親父は1本の髪の毛にドライヤー当てとる」と、すぎやんは笑う。

すぎやんのおすすめ
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1 (JUGEMレビュー »)

「長い顔のおかん」と「一家の顔がみな一緒」が、すぎやんのツボ。
すぎやんのおすすめ
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻 (JUGEMレビュー »)


「ちびまる、顔に線が入る」と、すぎやんは楽しみにしている。
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM