2007年9月2日のすぎやん

2007年9月2日のすぎやん


歩行練習の後だからか、少し疲れている様子に見えます。何度かあくびもしていて本当は眠いんだと思います。でもすぎやんは

「絶対、昼間は寝えへん。晩、寝られへん」

すぎやんに昼寝の効用について話しても、たぶん信じてはもらえないでしょう。

大阪での世界陸上の女子マラソンの終盤戦から、2人でテレビ観戦。
「大阪のどの辺、走ってるんやろう?」とか言い合い、すぎやんの道路実況も入るのですが、昔と風景が変わっているので、よくわからないみたいでした。

結局、日本選手は優勝できず。すぎやんは、残念そうです。

「日本は、あかんのう」
「そらな、ケニアとか中国の選手は、生活がかかってるから。この人らの足に、何人がぶらさがってるか。優勝するかどうかで、全然違うからなぁ」
「そうや、世の中みなこれやな」

すぎやんはそう言って、右手の親指と人差し指で丸を作って見せました。

その後、何がきっかけかお風呂の話になりました。
「マンションの風呂は、どないして火を付けるんや」と、スイッチをひねる手振りをしながら聞くすぎやんに、

「火を付ける、って。懐かしいなぁ。今時は、ひねらへん。ボタンをぴっ、やで」
「そうか、ここもそうやな」

昔の我が家は、お風呂を沸かすスイッチは外にありました。まず種火をつけてから沸かす。この種火が、なかなかつかないのです。風で消えちゃうこともありました。
途中から、そのスイッチに連動したハンドルが風呂場内に付きましたが、それまでは入浴中に追い炊きをしたければ「沸かして!」、止めたければ「止めて!」と、家人に叫ぶ必要があったのです。誰もいなければ、自分で外に行かなければなりません。ま、よそ様に見られないよう、囲いがしてありましたけどね。

当然ながら、湯船は木製です。当時は、お風呂の空だきが原因で発生した火災のニュースがよく報道されていました。
我が家でも、空だき騒動がありました。

「あれは、わしがあの日早う帰ったから、助かったんや」と自分の手柄のように言い出したすぎやん。私は、湯船の底がこげていたことしか覚えていないので、黙って話を聞いていました。

何でも、仕事帰りに一杯やるかと同僚に誘われたが、その日に限って早く帰宅した。家に入ると、湯気やら煙やらがもうもうと立ちこめていて、既に湯船に火がついていた、とのことでした。

結局、この時に焦げた箇所から水漏れが発生するようになり、ステンレス浴槽に交換することになったのです。
今では考えられないことですけどね。




2007年9月4日のすぎやん

2007年9月4日のすぎやん


装具屋さんが来てくれました。

業者がやってきた、と興奮気味のすぎやんは、自分の都合だけを勝手にしゃべりまくっていました。自分の足の腫れが原因で、装具を作り替えるかどうかの方針が決まらないことなど、何度言い聞かせてもすぐ忘れてしまいます。

足の腫れが引かない現実、そして、この状態で装具を作り替える必要があるのかということを、装具屋さんと話し合いました。でも結局、これといった良案は出ません。

とりあえず、右足装具(靴)の痛みが激しいので、修繕できるかどうかを見てもらいました。
マジックテープの取り替えの他に、靴底の張り替えも必要。でも、靴の先に穴が空いてしまっているので、今回の修理は応急処置的なものとなり、たぶんまた別の不具合が出てくるだろうとのことでした。
修理に1週間くらいかかるので、その間右足の靴がない状態になります。

「それは、かなん」

結局、片足だけリハビリシューズを購入することになりました。

「かたっぽだけでも、売ってくれるんか」

そうなんです。売ってもらえるんです。私もびっくりしました。

カタログを見せてもらい、すぎやんの希望も入れて選びました。来週、リハビリシューズと修理する靴を入れ替える段取りが整い、装具屋さんは帰られました。

その後も、装具の作り替えと、足の腫れの関係を何度も説明しましたが、すぎやんは聞こうとしません。というか、聞く気がないのかもしれません。
こういうめんどくさい話には、自分自身のこととはいえ、興味がないのです。
私が「もっとちゃんと聞いてよ」と怒ると、「もうええ、わかった」と言って、話を終わらせようとします。

自分の興味のあること以外には、まるで無神経です。ふう。




2007年9月9日のすぎやん

2007年9月9日のすぎやん


9月6日は、すぎやんの誕生日でした。72歳になりました。

当日には、毎年恒例のスタッフの寄せ書き入り色紙をもらい、居室担当のつねちゃんが部屋に遊びに来てくれ、一緒にビールを飲んだらしいです。
誰かとお酒を飲めるのがとてもうれしいすぎやん、喜んでました。

今までいただいた色紙は、全て部屋の壁に貼っています。
今回も、去年の71歳色紙の横に貼ろうとすると、すぎやんは「貼るな」と言います。どうも、自分の年齢の現実を目の当たりにするのが嫌みたいです。
でも、かまわず貼っちまいました。

誕生日色紙

この施設でいただいた誕生日色紙、早や3枚目です。

「もうこれで最後やな」
「最後なわけない。まだまだいっぱい貼るとこあるで」

この日放映されていた「そこまで言って委員会」で、北朝鮮のことについて討論していたらしいのですが、「朝鮮人が朝鮮人を拉致したんやろ」などと甚だしい誤解をしている様子。そこで、日本国内である日突然北朝鮮が日本人を拉致したこと、帰国した人は日本人であること等を説明しました。
そこから、すぎやんの戦争話が始まりました。

貧しくて貧しくて、働かなければ生きていけなかったこと。
学校へ行っても勉強なんてしなかったこと。
運動場で竹槍訓練ばっかりしていたこと。
1冊の帳面と1本の鉛筆だけが学用品だったこと。

そんなことを、いろいろと語っていました。




2007年9月15日のすぎやん

2007年9月15日のすぎやん


施設主催の敬老会が開催されました。
本当は談話室(リビング)で他の方たちとご一緒する方がよいのですが、すぎやんが嫌がるので、部屋で2人で食事しました。

おにぎり・おでん・焼き鳥・たこ焼き等、すべてスタッフが頑張って作ってくれたものです。だけど、すぎやんは文句ばかり垂れ流しています。

「わし、焼き鳥なんか嫌いや。食われへん」
「たまご、嫌いや」
「そんなポテト、よう食うなぁ」
「まずそうな、にぎりめしやな」

決してそんなことはありません。すごくおいしかったです。
あまったおにぎり、持って帰りましたよ。

敬老会メニュー

ところで、先週頼んでおいたリハビリシューズが届いているはずです。

「履き心地、どう?」
「あんなん、あかん! 職員に『こんなん、履かれへん』って怒鳴ったった」

何を怒っているのかさっぱりわからないので、よく見てみると、マジックテープを付ける箇所が間違っています。要するに、使い方自体を間違えていたのです。
数回繰り返し教えたら、「なんや、そこにつけるんか」と納得していました。

「スタッフに怒らんと、聞かんかいな。絶対マジックテープが付かへんとこに、一生懸命つけようとしてるんやから。見たら誰でもわかるんやから、な」
「わし、そんなん聞くん、いやや」
「装具屋さん、説明してくれへんかったん?」
「置いて、すぐに帰りよったわ」

たぶん、説明してくれていたはずです。

これが、「今週、全然外に出てへん」とぼやいていた理由のひとつであることも、理解できました。

お願いやから、へんなとこで意地はらんといて。




2007年9月16日のすぎやん

2007年9月16日のすぎやん


前日訪問したこともあり、ちょっと遅めの時間に顔を出しました。だけど、私が来ると思って、かなり待ってくれていたみたいです。

「子守しとったから、遅かったんか」
「子供なんて、おらへんって。家でぼーっとしてたんや」
「そうか」

帰り際には、露骨に寂しそうな顔をして、「わしが死んだらお前が楽になるのにな」と言って、ひがみます。
それで、「もうひがむん、やめようや。死んだらええねんとか、そんなん言うん、やめよ」と言ったら、目をうるうるさせて、今にも涙がこぼれ落ちそうです。

「元気に好きなだけ、自由にして長生きしたらええやん。あんまり、わしが死んだら、とか、お前に苦労かけるとか、言わんとって」
「わし、ひとこと多いんや。いつもそうや」

しきりに反省して、「これから言わんようにする」と言っていたが、たぶんまた来週も聞くことになるでしょう。




2007年9月23日のすぎやん

2007年9月23日のすぎやん


ズボンを脱ぎ、パンツ一丁の姿で、自民党総裁選の生中継を見ていたすぎやん。

「決まるぞ、これから」
「できレースやん。もう福田さんに決まったようなもんやで」

麻生さんはへらへら笑うとる、福田さんは怖い顔しとる、自民党には500人以上おるんやな、テレビを見ながらすぎやんはいろんなことを言ってました。

決定の瞬間、テレビの前で2人で拍手しました。意味はありません。

「そやけど、これ、総理大臣を決めてるんとちゃうで」
「え、そうなんか?」

そこで、これは自民党の一番偉い人を決める選挙で、総理大臣は国会議員全員の投票で決まるんやけど、自民党は議席を一番ようけ持っているので、自民党の総裁に決まったら、自動的に総理大臣に決まったようなもんなんや、と2回ほど繰り返し説明しました。
わかっていただけたのだろうか。

数日前に居室担当のつねちゃんから、冷蔵庫の扉が閉まらないとの連絡を受けていたので見てみると、確かに閉まりません。そこへ別スタッフが顔を出され、霜のせいで扉が閉まらないのではないかと言ってくれました。
スタッフが2人がかりで、霜取りをするために、外へ冷蔵庫を出してくれました。

「気の毒やんけ。何とかせえや。高いもんとちゃうやろ。買えや」
「ただちゃうんやから、ちょっと待ってえ」

今度もし買う時は、もっと小さい保冷庫にしよう。

足ですが、最初は左足だけだったのが、最近は右足もずっと腫れている状態です。でも本人は、まあまあ元気そうです。

「よだれが出る。出るんはこっち(左)ばっかりや。しまりがないわ。人間もしまりがないけど、口もしまりがない」

ひとりでぼけて、ひとりで突っ込んでました。




2007年9月30日のすぎやん

2007年9月30日のすぎやん


F1レース中継を見ていたすぎやん。私が部屋に入るなり、

「300キロ出しよんぞ、すごいぞ」
「ほんまや、すごいな」

雨やからどの車もスピンしよる、車の後ろから火花出してる、客席いっぱいやな、ようけ見に行っとる、などと言いながら、その合間に、「あっという間にタイヤ替えよる。10人くらいでやりよるぞ」と、3回くらい繰り返していました。

そして、「名神(高速)で200キロ出したことがある」と自慢してました。

この番組のゲストは、近藤真彦。

「マッチがしゃべっとる」
「マッチ、って誰か知ってる? 名前」
「・・・田原・・・か?」
「ええとこ、ついてるけどなぁ、違うわ。『田原』は、トシちゃんっていうんや。マッチはちゃうねん」
「・・・」
「近藤や。近藤真彦」
「そうか、近藤マッチやな」

F1の後は、ぐるナイの再放送。すぎやんは、ゴチバトルがお気に入りです。
大好きな肉が出てくると、すぎやんは大口を開けてテレビに食らいつくので、笑ってしまいます。

そして私が「帰る」と言うと、最近は決まって引き留めるようになりました。

「ゆっくりしていけや、また1週間会われへんのやから。どうせ帰ったって、やることないんやろ」
「やること、あらいでかいな。座ってたらご飯出てくるわけやないし、誰も掃除してくれへん。全部自分でやらんとあかんねんで」

私の言葉に笑っているすぎやんを見ていると、死ぬのが怖いんだろうなぁとつくづく感じます。他の人たちが「すぎやん、長生きするわ」と言ってくれることをやたらに口にして、自分を鼓舞しているように見えます。
あの気力がなくなったら、寝込むんだろうな。きっと。




カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
現在表示中のすぎやん
月ごとのすぎやん
コメント
「今週のすぎやん」とは
娘のサイト
娘もがんばってます。
娘が作ったテンプレートが雑誌に掲載・収録されました。
ベクターでも絶賛公開中。

エクセルとワードのテンプレートが7個掲載・収録。



エクセルとワードのテンプレートが9個掲載・収録。



エクセルのテンプレートが11個掲載・収録。


介護関連サイト
独立行政法人福祉医療機構
 「WAM NET(ワムネット)」


MY介護の広場

高齢者住宅情報センター

介護用品・福祉用具の店舗販売と通販 快適空間スクリオ(大阪府箕面市)

有料老人ホーム アミーユ

相互リンクサイト
♪楽しく過ごすための快適・介護 『MyKaigo』
介護ヘルパー資格を取得し、介護と子育てを両立されているまめさんによる、介護と介護者に役立つ情報紹介サイト。脳挫傷による急性硬膜下血腫で倒れ、後に脳幹梗塞を発症した要介護5の義理のお母様を在宅介護されている様子が、手に取るようにわかります。

ほれ、ぽちっとな




レビューポータル「MONO-PORTAL」
レビューポータル「MONO-PORTAL」
すぎやんのおすすめ
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎 (JUGEMレビュー »)


「銀ちゃんは賢いやつや」と、すぎやん絶賛。
すぎやんのおすすめ
たかじんのそこまで言って委員会III
たかじんのそこまで言って委員会III (JUGEMレビュー »)


すぎやんは、昨今の時事問題をこの番組でチェックしている。(すぐ忘れるが(;_;))
すぎやんのおすすめ
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD]
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD] (JUGEMレビュー »)

「水戸黄門は東野英治郎や」と、すぎやんは熱く語る。
すぎやんのおすすめ
サザエさん (1)
サザエさん (1) (JUGEMレビュー »)
長谷川 町子

「サザエさんはいつまで経っても年とらへん。親父は1本の髪の毛にドライヤー当てとる」と、すぎやんは笑う。

すぎやんのおすすめ
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1 (JUGEMレビュー »)

「長い顔のおかん」と「一家の顔がみな一緒」が、すぎやんのツボ。
すぎやんのおすすめ
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻 (JUGEMレビュー »)


「ちびまる、顔に線が入る」と、すぎやんは楽しみにしている。
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM