2007年1月1日のすぎやん

2007年1月1日のすぎやん


私が到着するとすぐ、スタッフが入浴の準備ができたと呼びに来てくれました。週3回の入浴日を、とても楽しみにしているすぎやん。着替えを持ってそそくさと浴室に向かいます。
私が施設を訪問する日と、すぎやんの入浴日が重なることは滅多にないので、すぎやんの入浴風景を最初から最後まで見学することにしました。

入浴時には、必ずスタッフが付き添ってくれます。
服を脱がせ、頭と体を洗い、湯船につからせ、すぎやんができることを生かしながらの介助風景に、頭が下がる思いです。
いくらプロだとはいえ、この日の担当はまだ若い女性です。湯気で顔を真っ赤にしながら、すっぽんぽんの、しかも片麻痺の男性を世話するということが、いかにつらくて大変なことか。加えて、1日に何人もの入浴介助をしなければいけないのです。

スタッフとのおしゃべりが大好きなすぎやん、この日は私もそばにいるので、いつもよりハイテンションです。
「わしが死んだらこいつがバンザイしよる」とか、「成合の山の上(火葬場がある場所)に上がったら終わりや」とか、私たちの間ではいいかげんしゃべりあきたことを、掛け合い漫才のように話していると、スタッフがひとこと。

「すごい会話・・・」

湯船から上がったすぎやんは、「今日はぬるいぞ」とスタッフに訴えています。

「今日は、42度やねん。あんまり熱いのんに入ったら、ね」

すぎやんは高血圧なので、本当はぬるめのお湯の方がよいのです。それにしても、42度は少々高いのではないかと思った私。「42度でも熱いで、結構」と言うと、すぎやんは、こうおっしゃいました。

「わしは43度や」

お風呂から上がると、手早く服を着せてもらい、整容(爪を切ってもらったりすること)してもらいます。爪切りはめんどくさい、と切ってもらう立場のすぎやんが文句を言っていました。

口が減らないすぎやんですが、「気持ちよかった」と満足そうな顔をしていました。




2007年1月7日のすぎやん

2007年1月7日のすぎやん


午前中は雪が降り、非常に寒い1日でした。そのせいか、すぎやんは腕が痛いと盛んに言っています。

寒いのでなかなか外に出られず、最近はテレビやラジオの番をしていることが多い様子。漫才好きのすぎやん、「若手はおもしろくない」と言い続けていますが、お笑いへのアンテナは相変わらず鋭いです。
「タカアンドトシは、おもろいな。欧米か!って言うて、頭どつきよんねん」
と言い出したのには、びっくりしました。

「国会中継も見るぞ」
「うそや〜」
「あれは掛け合いがおもろい。そやけど、小泉の方がおもろかったな」

ただ、ワイドショーについては「あんなしょうもないのん、見いひん」と、きっぱり断言。そのすぐ後「20才の女の子がバラバラにされよって、かわいそうや」と言い出しました。

「誰が(バラバラに)したか、知ってる?」
「犯人や」
「そんなん、あたりまえやがな。誰が犯人か知ってる?」
「男や」
「だから・・・兄ちゃんや」
「そうや、そうや」。

その後、記憶がよみがえってきたのか、殺された現状やバラバラにされた場所等、えらく詳しく語り出すすぎやん。

「その情報、仕入れたん、ワイドショーやろ?」
「・・・そうや」
「自分、今、ワイドショーなんか見いひん、って言うとったやん」

2人で大笑いしたひとときでした。




2007年1月14日のすぎやん

2007年1月14日のすぎやん


従姉のM子さん夫婦が来て下さっていたみたいで、喜んでいました。
M子さんは、すぎやんが一番かわいがっていた姪っ子。M子さんもすぎやんのことを「兄ちゃん」と慕ってくれていて、暴れん坊将軍すぎやんのあしらいもお手の物です。

この日のおしゃべりのスイッチは、M子さんの愚痴の内容がきっかけ。
その話から、若い頃に住んでいた地域の変遷についてを延々語り、その流れで昔の仕事の話に移っていきました。

「引っ越しに行ったら、『運転手さんも飲んで』言われて、酒飲んだ。帰りに、礼や言うて、一升瓶を持たしてくれた」

プロドライバーが飲酒運転です。

「団地へ宅配に行っても、上の階まで頼まれても持って上がらへん。『ここまで取りに来なはれ』言うて、下に置いたまま帰ったるんや。チップくれたら、持って上がったるけどな」
「昔は、荷物はみんな駅に持ってきよった。扱いが荒いとか客が文句言うても、『いややったら、別のとこに持っていきなはれ』って言うたった」

現在とは違い、当時は宅配便などは皆無です。だからこその超強気な態度なのですが、何もかもが今では考えられないことです。

こういう類の話を聞かされると、すぎやんが今の時代に現役でなくてよかったと、しみじみ思います。




2007年1月21日のすぎやん

2007年1月21日のすぎやん


部屋に入ると、すぎやんはベッドの端に座って小用の最中でした。
「しょんべんにおいまくられるわ」とぼやいています。

いつもは車椅子に座っていますが、ベッドに腰掛けたり寝転んだりしている時は、あまり調子がよくない証拠。ややしんどそうな様子です。

部屋の扉は閉めていたのですが、リビングでテレビを見ている2人の利用者さんが言い争う声が聞こえてきました。この喧嘩、日常茶飯事のことらしく、「一方がテレビのチャンネル変えよんねん。それでもう一方が怒りよんねん」と、すぎやんが解説してくれました。
最後に聞こえた「あんたの方があほや!」という声に、思わず笑ってしまいました。

体調が悪いせいか、この日のすぎやんは、ややしんみりムードです。

「生きてるうちに楽しまなあかんな」
「そやな、死んだら終わりやもん。そやけどおかあちゃんは、先のことばっかり考えて心配しとったけど、あんたはその日のことしか考えてへんな」
「そや、わしは明日のことなんて考えへん」

先のことばかり考えていた母、その日のことしか考えない父。
正しさという意味では母の生き方が正解だと思うけれど、幸せという意味ではどちらが正解なのだろう。両親の生き様を見ていると、考えずにはいられません。




2007年1月28日のすぎやん

2007年1月28日のすぎやん


部屋に入ると、すぎやんはベッドに寝ころんでいました。
「足が腫れてるから安静にしとけって言われたから、おとなしいにしてるねん」
とのことでしたが、どうも体調がよくない様子。何だか気になります。
それでもしゃべりはじめたら、だんだん声に勢いがついてきました。

すぎやんは一時期、滋賀県に住んでいたことがあります。
国鉄(JR)の膳所(ぜぜ)駅前に飲み屋が数軒あっただの、酒の自動販売機があっただのと、とうとうと語ります。それで、聞いてみました。

「お金を持ってたら、飲んで帰るんや」
「おう」
「家に帰って飲んだらええやん。そんな気にはならんの?」
「・・・酒が呼びよんねや」

とにかく若い頃から、お酒とお金への執着は尋常ではなかったようです。

「なぁ、なんでそんなにお金がほしいの?」
「あったら、安心するやんけ」
「ほんなら、何で持ったらすぐ全部使うん? 使ったらすぐなくなるやん。持ってたら安心するんやろ? なんで?」
「・・・わしはむちゃくちゃ貧乏やったんや。おばん(すぎやんの母上のこと)が金をくれよらへんかったから、姉がようくれた。そやから、使ってみたかったんや」
「・・・私が生まれる前から倒れるまで、遊んで飲んで使うた額、たぶん総額1,000万できかんやろうな」
「そうかもしれへんな。家買うて、会社で金借りる時、Sさん(私の祖母・すぎやんにとっては義母)が一緒について来たもんな。わし、よっぽど信用なかったんや」

そして、こういう話をしつこく質問していると、すぎやんは嫌がり、「もう言うなや、時効やんけ」と言い出します。
それは、あんたのセリフやない!




カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
現在表示中のすぎやん
月ごとのすぎやん
コメント
「今週のすぎやん」とは
娘のサイト
娘もがんばってます。
娘が作ったテンプレートが雑誌に掲載・収録されました。
ベクターでも絶賛公開中。

エクセルとワードのテンプレートが7個掲載・収録。



エクセルとワードのテンプレートが9個掲載・収録。



エクセルのテンプレートが11個掲載・収録。


介護関連サイト
独立行政法人福祉医療機構
 「WAM NET(ワムネット)」


MY介護の広場

高齢者住宅情報センター

介護用品・福祉用具の店舗販売と通販 快適空間スクリオ(大阪府箕面市)

有料老人ホーム アミーユ

相互リンクサイト
♪楽しく過ごすための快適・介護 『MyKaigo』
介護ヘルパー資格を取得し、介護と子育てを両立されているまめさんによる、介護と介護者に役立つ情報紹介サイト。脳挫傷による急性硬膜下血腫で倒れ、後に脳幹梗塞を発症した要介護5の義理のお母様を在宅介護されている様子が、手に取るようにわかります。

ほれ、ぽちっとな




レビューポータル「MONO-PORTAL」
レビューポータル「MONO-PORTAL」
すぎやんのおすすめ
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎 (JUGEMレビュー »)


「銀ちゃんは賢いやつや」と、すぎやん絶賛。
すぎやんのおすすめ
たかじんのそこまで言って委員会III
たかじんのそこまで言って委員会III (JUGEMレビュー »)


すぎやんは、昨今の時事問題をこの番組でチェックしている。(すぐ忘れるが(;_;))
すぎやんのおすすめ
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD]
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD] (JUGEMレビュー »)

「水戸黄門は東野英治郎や」と、すぎやんは熱く語る。
すぎやんのおすすめ
サザエさん (1)
サザエさん (1) (JUGEMレビュー »)
長谷川 町子

「サザエさんはいつまで経っても年とらへん。親父は1本の髪の毛にドライヤー当てとる」と、すぎやんは笑う。

すぎやんのおすすめ
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1 (JUGEMレビュー »)

「長い顔のおかん」と「一家の顔がみな一緒」が、すぎやんのツボ。
すぎやんのおすすめ
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻 (JUGEMレビュー »)


「ちびまる、顔に線が入る」と、すぎやんは楽しみにしている。
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM