2006年11月5日のすぎやん

2006年11月5日のすぎやん


施設の外にあるテーブルでくつろいでいたすぎやん。椅子の上に、脱いだ靴を置いています。

「こんなとこに置いたらあかんやん」
「かわかしてんのや。かまへん、ここはわしの指定席じゃ」

そのまま外でしゃべっていたら、携帯に不動産屋さんから電話がかかってきました。
この日の午前中に、一組のご夫婦が家の見学に来られました。その方達がもう一度見学したいとおっしゃっているが大丈夫ですか? という問い合わせのお電話でした。夕方なら家に戻るので大丈夫です、と返事して電話を切ると、すぎやんが私の顔をのぞき込んできました。

「誰から電話や。『これ』か?」

と言いながら、親指を突き出すすぎやん。
今時そんな表現はなかろうと思いつつ、私の「これ」ではないけど、不動産屋さんの担当営業はとりあえず男性なので、

「そうや、『これ』や」

と、私も親指を突き出しました。

すると、施設の中から大きな笑い声が聞こえてきました。声の主は、スタッフのWさん。私とすぎやんのやりとりを、事務所で仕事をしながらずっと見聞きしておられたようなのです。
「『これ』って」とか言いながら、Wさんの笑いはしばらく止まりませんでした。

電話のやりとりの様子から、不動産屋だと察したすぎやん。Wさんの笑いがようやっと止まり、別の場所に移動された後、早速質問してきました。

「家、売れたんか」
「そんなん、まだまだ。全然わからへん」
「あの家は、すぐ売れるやろ」
「さぁ、どうかなぁ。八百屋でかぼちゃとか白菜買うんとちゃうからな」

私の答えに笑顔を見せたすぎやんに、既に家を見に来た人がいるということは、まだ内緒です。




2006年11月12日のすぎやん

2006年11月12日のすぎやん


先週すぎやんは、装具の作り替えのことについてわいわい言い出しました。
すぎやんは、ふっと思い出したことを突然しゃべりだします。ですから、何を言っているのか要領を得ません。また、時系列もぐちゃぐちゃなので、どこからどこまで本当のことなのかも、はっきりわかりません。

それで、スタッフのWさんに確認してみました。
数週間前にウミが出たものの、すぎやんの左足は相変わらずかなり腫れている状態です。ただ、装具のへたりが目立つし、装具と足のサイズが合っていません。
先生は、この腫れが引くのを待った方がいいのか、腫れた状態で採寸した方がいいのか、判断しづらいとおっしゃているらしいのです。

それで先週、左足の腫れの様子見をしているということを、わかりやすく懇切丁寧にすぎやんに話して聞かせ、本人も納得していたのです。
でも、その話をもうすっかり忘れてしまっているのです。

壊れたテープレコーダーのように、先週の話をまた繰り返す私。
すぎやんは、週1回の歩行練習が思うようにできないので、「歩けなくなるのではないか」と焦っているのです。

「練習したら大丈夫やし、先生もそう言うたはる。今までちゃんとやってたやん」
「そうか・・・」

とにかく、週に1度の歩行練習に、命がけで取り組んでいるすぎやんです。




2006年11月19日のすぎやん

2006年11月19日のすぎやん


「装具はまだか」

顔を合わせて最初の言葉が、これです。しかも、やや興奮気味。

先週、先々週と2週にわたって説明した話を、すっかりお忘れのすぎやん。
「またかいな」と思いつつ、同じ説明を繰り返しました。ただ、私の話を聞いているうちに、だんだん記憶がよみがえってきたすぎやん。

「そういえば、腫れが引くんを待ってる、って言うとったな」
「思い出した?」
「おう」

無事落ち着いていただき、何よりでした。ふう。
夏に大活躍した半パンツ、先週までは「まだいるから置いとけ」とのことでしたが、11月も後半になり、さすがに「もうはかへん」と言い出し、持ち帰ることにしました。








2006年11月26日のすぎやん

2006年11月26日のすぎやん


この日は雨。レインコートを着込んで、バイクで施設に向かいました。

「寒いのに、来てもろうて悪いな」と言ってくれるすぎやん。
だけど、窓からは雨がしゃかりきに降っている様子も見えるし、私は濡れたレインコートを着ているのに、「雨が降ってるんか」と質問するのは、やめてほしいですわ。

数日前、所用で京都に行く用事があり、ついでに京都駅前の伊勢丹に立ち寄りました。地下の食料品売り場をふらついていると、鞍馬名物「木の芽煮」を発見!

鞍馬の木の芽煮

両親ともまだ健在だった頃、我が家では初詣の一環として鞍馬寺に行く習慣がありました。お参りを終えた後、両親は駅の近くのお店で木の芽煮を買うのを楽しみにしていたのです。

母が病気で倒れ、亡くなってしまってからは、全く鞍馬さんには行っていません。あまりの懐かしさについ購入してしまい、すぎやんに見せました。

「これ、覚えてる?」
「・・・・(一瞬の間、何のことかわからない様子だった)おう、覚えてるぞ。懐かしいなぁ。鞍馬さん、行ってきたんか」
「ううん、行ってへん。この間京都へ行って、駅前の百貨店で見付けたんや」

その後、約5分の間に「鞍馬、行ってきたんか」「行ってへん」の会話が3回以上繰り返されました。

その場で開封して、私とすぎやんとで半分ずつにしました。
「飯の時、食うわ」と言って、喜んでいました。






カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
現在表示中のすぎやん
月ごとのすぎやん
コメント
「今週のすぎやん」とは
娘のサイト
娘もがんばってます。
娘が作ったテンプレートが雑誌に掲載・収録されました。
ベクターでも絶賛公開中。

エクセルとワードのテンプレートが7個掲載・収録。



エクセルとワードのテンプレートが9個掲載・収録。



エクセルのテンプレートが11個掲載・収録。


介護関連サイト
独立行政法人福祉医療機構
 「WAM NET(ワムネット)」


MY介護の広場

高齢者住宅情報センター

介護用品・福祉用具の店舗販売と通販 快適空間スクリオ(大阪府箕面市)

有料老人ホーム アミーユ

相互リンクサイト
♪楽しく過ごすための快適・介護 『MyKaigo』
介護ヘルパー資格を取得し、介護と子育てを両立されているまめさんによる、介護と介護者に役立つ情報紹介サイト。脳挫傷による急性硬膜下血腫で倒れ、後に脳幹梗塞を発症した要介護5の義理のお母様を在宅介護されている様子が、手に取るようにわかります。

ほれ、ぽちっとな




レビューポータル「MONO-PORTAL」
レビューポータル「MONO-PORTAL」
すぎやんのおすすめ
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎 (JUGEMレビュー »)


「銀ちゃんは賢いやつや」と、すぎやん絶賛。
すぎやんのおすすめ
たかじんのそこまで言って委員会III
たかじんのそこまで言って委員会III (JUGEMレビュー »)


すぎやんは、昨今の時事問題をこの番組でチェックしている。(すぐ忘れるが(;_;))
すぎやんのおすすめ
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD]
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD] (JUGEMレビュー »)

「水戸黄門は東野英治郎や」と、すぎやんは熱く語る。
すぎやんのおすすめ
サザエさん (1)
サザエさん (1) (JUGEMレビュー »)
長谷川 町子

「サザエさんはいつまで経っても年とらへん。親父は1本の髪の毛にドライヤー当てとる」と、すぎやんは笑う。

すぎやんのおすすめ
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1 (JUGEMレビュー »)

「長い顔のおかん」と「一家の顔がみな一緒」が、すぎやんのツボ。
すぎやんのおすすめ
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻 (JUGEMレビュー »)


「ちびまる、顔に線が入る」と、すぎやんは楽しみにしている。
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM