2006年8月6日のすぎやん

2006年8月6日のすぎやん


この日のほんの数日前に、大阪府茨木市内で女性監禁事件が発生しました。
私がその現場マンションを偶然発見したのが、事件発覚翌日のことでした。たまたまバイクで現場前の道路を通りかかったのですが、報道陣でごったがえしてプチ渋滞を起こしていたのです。

そんなことを話すと、すぎやんは「どのへんや?」と聞いてきました。そこで簡単な地図を書いて説明。
すぎやんは、元ドライバー。とにかく道路(特に裏道)情報に詳しい人で、元気な頃は人の知らない裏道を、ぶいぶい走っていました。この事件現場近辺も、しょっちゅう走っていた場所です。だけど、かなり記憶がおぼろげです。

「この道、まっすぐ行ったら、ガードがあって、それくぐったら突き当たるやろ」
「おう」
「その突き当たりを、左に行ったら、どこ行く?」
「・・・・」
「駅やん。ほんなら、右に行ったら?」
「右に行ったら・・・フジテックや」
「そう、当たり。ほんなら、フジテックの角を右に行ったら?」
「施設や」
「ちがーう。全然方向がちゃうで。ほんなら、左に行ったら?」
「・・・」
「神社前に出て、国道やん」
「おう、そうや。それ越えたら、東芝やな」
「そうそう。で、フジテックの角を右に行ったら、どこ?」
「・・・施設・・・」

とにかく「右に曲がったら、施設や」と言い続けます。

最後には思い出したのですが、いまひとつ、位置関係が理解できていないようです。
あんなに道に詳しかった人が、地元の道を忘れてしまうんだなぁと、ちょっと切なくなりました。




2006年8月13日のすぎやん

2006年8月13日のすぎやん


この日の午前中に、すぎやんの担当であるつねちゃんから電話をもらいました。

「次の木曜日に、すぎやんと甲子園に行かせてもらいます」
「すみません、お手数掛けますけど、よろしくお願いします」

ここ2〜3年、すぎやんは高校野球観戦に甲子園に連れて行ってもらっています。本人曰く「春より夏の方がええ」とのことですが、どっちにしろ最近はこのお出かけを、とても楽しみにしているのです。

「それと、来月のぷちわく(バスを借りての小旅行)に参加したいって、すぎやんがおっしゃってるんですけど・・・」
「え、前、バス旅行にはもう参加せえへんって言ってたのに、なんででしょうね」

バス旅行には、認知症の方も参加されます。スタッフか家族が必ず付き添っているのですが、中には大声を出したりする方もおられるのです。
すぎやんは、そういう人の言動を見るのがどうにもダメで、すぐイライラします。だから、最近は全く参加しなくなったのです。
不思議そうな声を出した私に、つねちゃんがひと言。

「あのう、昼食にお肉が出るんです。それで・・・」
「え、それだけかいな」

私が思わずつぶやくと、彼女は笑っていました。

昼から施設に行き、すぎやんに確認すると、旅行の話自体を既に忘れてしまってました。でもすぐ思い出し、「肉が出るから行く」。

どうぞ、せいだい、食ってきて下さい。




2006年8月19日のすぎやん

2006年8月19日のすぎやん


施設でイベントが開かれました。
前年までは夏祭り形式で、全フロアでいろいろな催しが行われていたのですが、今回は「夕涼みの会」。夕食の後、花火大会(といっても、施設前スペースでのかわいいもの)が開かれるとのこと。

この日は土曜日。いつも日曜日に訪問する私を見て、びっくりしていたすぎやん。イベントのことなど、すっかり忘れていた様子です。
夕食のメニューはちらし寿司とそうめんです。でもすぎやんは、文句たらたら。

「わしは、ちらし寿司が嫌いやって言うてるのに」
「あんたのためだけに、メニューが決まるんとちゃうがな」

そう言っても、ちらし寿司を突っついてばかりで、ちっとも食べません。
挙げ句の果てに、残したらスタッフに怒られるからと「どっかそこらのゴミ箱に捨ててこい」と言い出す始末。
「そんな、給食を残す子供といっしょのようなこと、言わんといて」という私の言葉に、すぎやんは笑ってました。
すぎやんは、そうめんもあまり好きではないので、食が進みません。

しかし、ビールは進みます。
すぎやんが酒好きであるというのは、スタッフはおろか、利用者の家族さんにも知れ渡っています。なので、「すぎやん、飲み」と、他の方から頂いたり、ついでもらったりして、超ご機嫌。あっという間に350ml缶3本を飲んでしまいました。

私は生まれた頃から、アルコール漬けのすぎやんしか見たことがありません。酔って暴れ、周りがすぎやんの扱いに手を焼き、アルコールで身を持ち崩していく様子を見るのは、本当につらかった。だから、できれば飲んでほしくないというのが本音です。
でも、その思いだけですぎやんにビールをやめてもらうのは、私の身勝手です。

ビールを飲むすぎやんを見るのは、今でもすごく嫌です。でも、こういうイベントの時は、見ざるを得ません。ビールをかぽかぽと飲み干すすぎやんを見ると、「飲んでほしくないけど、やめさせてはだめ」という相反する思いで、ものすごくしんどくなります。
結果、後で「飲み過ぎや!」「かまへんやんけ」と、軽い口論になってしまいました。

でも、食事終了5分後に夕食のメニューを聞くと、ビールしか思い出せないすぎやんを見ると、「言うても、しゃあないか」と思っちゃうんですけどね。

夕食後は花火大会。男性スタッフ達が、小さい打ち上げ花火に次々と火を付け、そのたびに見学している利用者さんや家族さんから歓声が上がります。
女性スタッフが、線香花火を持ってきてくれたので、すぎやんとふたりで持ちました。すぎやんってば、燃える花火を見て

「銭を燃やしてるみたいや」

父娘で花火するなんて、何年ぶりのことでしょう。それなのに、情緒もへったくれもないセリフ。その場にへたりこみそうになりました。




2006年8月27日のすぎやん

2006年8月27日のすぎやん


バイクで施設に向かう途中で、滝のような夕立に遭遇。雨宿りする場所もなく、びしょぬれになってしまいました。
部屋に到着してすぐ、すぎやんのバスタオルとジャージを借りました。

私がジャージに履き替える様子を見ていたすぎやん。殊勝な声でこう言いました。

「いつも来てもろうてすまんな。わし、早う死ななあかん。お前に苦労ばっかりかける」
「そんな気にせんでも、日曜日の午後からここに来るっていうのは、もう習慣になってるから。苦労とちゃうで」
「そうか」

最近、こんなやりとりが増えました。

テレビからは、さだまさしさんの長崎コンサートの様子が流れていました。
すぎやんは昔、歌番組が本当に嫌いでした。反対に母は歌番組が大好きだったので、よく喧嘩していました。
なのに今は、文句も言わずに黙って聞いています。

「昔、こんなんなってたら、絶対チャンネル変えとったよな」
「わしも、変わったもんや」
「お母ちゃん、さだまさしが好きやったんや。毎年夏に、長崎でこのコンサートがあるんやけど、行きたがってたんやで」

すぎやん、びっくり。

「あいつが(美空)ひばりとか、(石原)裕次郎とかが好きやっていうのは知ってたけど、さだまさしも好きやったんか」
「コンサートも行ってはったで。それに、定年になったら、紅白見に行って、富士山にも登りたいって言うてたわ」

そう言うと、すぎやんはぽつり。

「あいつ、夢、かなえやんと死によったんやな」

昔は歌番組が嫌いだったすぎやん、今はラジオで懐メロを聞くのが大好きです。




カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
現在表示中のすぎやん
月ごとのすぎやん
コメント
「今週のすぎやん」とは
娘のサイト
娘もがんばってます。
娘が作ったテンプレートが雑誌に掲載・収録されました。
ベクターでも絶賛公開中。

エクセルとワードのテンプレートが7個掲載・収録。



エクセルとワードのテンプレートが9個掲載・収録。



エクセルのテンプレートが11個掲載・収録。


介護関連サイト
独立行政法人福祉医療機構
 「WAM NET(ワムネット)」


MY介護の広場

高齢者住宅情報センター

介護用品・福祉用具の店舗販売と通販 快適空間スクリオ(大阪府箕面市)

有料老人ホーム アミーユ

相互リンクサイト
♪楽しく過ごすための快適・介護 『MyKaigo』
介護ヘルパー資格を取得し、介護と子育てを両立されているまめさんによる、介護と介護者に役立つ情報紹介サイト。脳挫傷による急性硬膜下血腫で倒れ、後に脳幹梗塞を発症した要介護5の義理のお母様を在宅介護されている様子が、手に取るようにわかります。

ほれ、ぽちっとな




レビューポータル「MONO-PORTAL」
レビューポータル「MONO-PORTAL」
すぎやんのおすすめ
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎 (JUGEMレビュー »)


「銀ちゃんは賢いやつや」と、すぎやん絶賛。
すぎやんのおすすめ
たかじんのそこまで言って委員会III
たかじんのそこまで言って委員会III (JUGEMレビュー »)


すぎやんは、昨今の時事問題をこの番組でチェックしている。(すぐ忘れるが(;_;))
すぎやんのおすすめ
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD]
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD] (JUGEMレビュー »)

「水戸黄門は東野英治郎や」と、すぎやんは熱く語る。
すぎやんのおすすめ
サザエさん (1)
サザエさん (1) (JUGEMレビュー »)
長谷川 町子

「サザエさんはいつまで経っても年とらへん。親父は1本の髪の毛にドライヤー当てとる」と、すぎやんは笑う。

すぎやんのおすすめ
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1 (JUGEMレビュー »)

「長い顔のおかん」と「一家の顔がみな一緒」が、すぎやんのツボ。
すぎやんのおすすめ
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻 (JUGEMレビュー »)


「ちびまる、顔に線が入る」と、すぎやんは楽しみにしている。
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM