2006年3月5日のすぎやん

2006年3月5日のすぎやん


天気がよく、暖かい日差しが降り注いでいたこの日、すぎやんは外のテラスでひなたぼっこをしていました。

「たこ先生(歩行リハビリをして下さる先生のことです。すぎやんは『ちゃびん先生』とも言う)が来よってな、歩かしてもらった。今日は1往復でやめといた。たこ先生が車で帰りよるんを見送ってた」

部屋の片付けとかを済ませた後、私も外に出ました。

暖かい日は必ず散歩に出かけたり、今日のようにひなたぼっこをしているすぎやん、とにかく顔が広いです。
近所のスーパーの店員さんには顔はおろか、いつも買う商品が決まっているので購入商品まで覚えられてしまっています。すぎやんが入店すると「いつものでいいですか」と確認された後、店員さんがかごを持って品物を取ってきてくれるそうです。
近所の不動産屋のおじさんには「長いこと見いひんかったな」と声を掛けられ、施設の近くを通る「や」さんからは「ぬくいから、外におるんか。風邪引くなよ」と声を掛けられる始末。顔なじみのご近所さんからは手を振られたり挨拶されたり、その交友関係の広さにはびっくりします。

施設の近所にはマンションやアパートがたくさんあるのですが、すぎやんってば、併設されている駐車場に駐車してある車の持ち主まで把握しています。

「その端にある軽は、そこのアパートの2階に住んでるねえちゃんのや」
「そやな、色もピンクやし、最近はやりのやつやで」
「その隣の車は、最近買い換えよった」
「はーん」
「このごろのやつは、『ぴっ』てドアあけて、エンジン掛けて、暖機運転もせんとそのままぷわーって走っていきよる。ボンネット開けることもしよらへん」
「最近、そんなことする人の方が、少ないで。暖機運転かって、せんでええし」
「タイやも見よらへんし、オイルとかの様子も見よらへん。そんなことやから、事故するんや」

施設の車に乗せてもらっても「運転が下手や」とか「怖うて、乗ってられへん」とか、スタッフの横でやいやい言っているらしい元長距離ドライバーだったすぎやん。それでも「わしも、おとなしい、なったもんや」とぬかしています。

事実をありのまま述べているのは確かですが、うるさいうるさい。




2006年3月12日のすぎやん

2006年3月12日のすぎやん


この日は冷たい雨が降っていました。そのせいか、すぎやんは「(麻痺した)腕が痛い」と何度か言っていました。暖房でどんなに部屋を暖めても、やはり冬はつらいようです。

毎度ワンパターンの話をぺちゃくちゃとしゃべっていると、洗い上がった洗濯物を持って、スタッフのちゃばちゃん(女性)が部屋に入って来られました。
すぎやんは彼女のことを、ちゃばやんと呼びます。

「すぎやん、明日の旅行、行くん?」
「旅行? どこ行くんや」

明日は施設主催の日帰り旅行が行われる予定でした。数日前にスタッフのつねちゃんから電話をもらい、「すぎやんが行きたがっておられます」とのことだったので参加申し込みをして、費用も既に振り込んであります。

「中山寺(兵庫県宝塚市にあります)の梅鑑賞と、ホテルのバイキングらしいで」
「宝塚なんてなんべんも行ったから、わし、行かへん」

「あんたが『行きたい』って言うたから申し込んだのに」と内心で思いつつ、2人の会話を聞いていた私、ひっくり返りました。

「ええっ? 自分、つねちゃんに『行く』って返事したんやろ? わざわざ電話くれはったんやで。そやから申し込んだのに」
「わしは、『断っといてくれ』って言うたんや」
「そやけど、もうお金払うてしもうたわ」

思わぬすぎやんの返事に、ちゃばちゃんと私、顔を見合わせました。
「どうしましょうか? でももう明日ですし、キャンセルしたらキャンセル料がかかるでしょうねぇ」
「そうですねぇ。もうええやん。せっかくやから行っといでや」

普通なら「ほな、行ってこようかな」と軽く言うのですが、今日のすぎやんはいまいち気が乗らないようです。

「ちゃばやん、あのやかましいおばはん、行くんか」
「あぁ、あの人はたぶん行かはらへんと思うで」

施設には、昼夜を問わず大声を出される痴呆症の方がおられます。声が聞こえるたびに、すぎやんはいらいらしていちいち怒鳴ります。旅行はバスに乗って行くのですが、決して広いとはいえない車内でその人が目に入るということ自体が、お気に召さないのです。

「人のこと『やかましい』って言うけど、あんたの方がやかましいやん」
「何を言う。わしは静かなもんや。バスの中で『すぎやんはどこにおるんや』って言われるくらい静かやぞ」
「嘘つき。ずーっとしゃべってるはずや」

とぼけた会話をしているすぎやんと私の顔を交互に見ながら、困惑気味なのはちゃばちゃんです。結局どうするのかと、少しあたふたしておられました。
結局すぎやんは「行くわ」と言い、その場は終わりました。

つねちゃんが取った旅行参加の意思確認に対し、すぎやんは「誘ってもらった」と思ったのでしょう。意志が弱く見栄張りのすぎやんは、どんな誘いでも基本的に断るということができません。それで若い頃、身を持ち崩したのですが。きっともごもごと「行く、行かない」みたいに言っていたのだと思います。

お金払うの、もう少し待てばよかった。




2006年3月16日のすぎやん

2006年3月16日のすぎやん


すぎやんの介護保険証の有効期限が4月末と迫り、この日は認定調査日に当たります。調査員の方が10時頃に来られるということで、私は9時半過ぎに施設に到着しました。

部屋に入ると、すぎやんはマッサージのリハビリの真っ最中でした。そういえば、今日は木曜日。毎週木曜日は、マッサージの中北先生(仮名)が来られるのです。滅多に平日に施設に行かない私なので、この先生とは初対面です。

誰かがそばにいてくれるとご機嫌なすぎやんは、口が動きっぱなしです。先生からすぎやんの状態についてお話しをお聞きしている間も、割り込み攻撃炸裂。
ついには、「たこやん(毎週土曜日に来られる、歩行リハビリ担当の先生)、うつむいたら(頭が)光ってる」とまで言うすぎやん。それを聞いた中北先生はひとこと。

「ぼく、あの先生の後輩なんです。だから、それにはノーコメント」

リハビリが終了してしばらくすると、調査員の方(女性)が到着されました。昨年と同じ方で、すぎやんのことはよく覚えておいででした。でもすぎやんは、調査員の方のことを覚えてませんが。

調査員の方は、決められた調査項目に従ってすぎやんにいろいろと質問されます。すぎやんは、正解だったり不正解だったりの答えをその都度返しますが、とにかく余計なことをしゃべるので、なかなか終わりません。
そして、自分がいかに頑張っているかということをアピールします。

「ねえさん、こんな体になってしもうて大変でっせ。わし、よう頑張ってまっしゃろ」

脱線しながらも調査は順調に進み、最後に記録内容を確認しました。
来月から、介護保険制度が大幅に変わります。すぎやんは今、要介護1。介護度としては一番軽い認定です。4月からは、その要介護1の下に「要支援1」というのが新設されます。

難しいことは省略しますが、すぎやんが今お世話になっている施設は、介護保険の要介護認定を受けている人しか入所できません。「特定施設」と呼ばれるこの施設では、要支援になっても継続入所できるとのことなのですが、老健施設等を利用しておられる方は、要支援になると利用できなくなる可能性があるのです。

要介護と要支援の境目の基準のひとつは、痴呆があるかないかということだそうです。すぎやんはその辺が微妙なところなのですが、最近物忘れが少し目立ってきているのは確かです。直前の食事内容を忘れたり、今の季節を勘違いしたりといったことは時々あると、お伝えしておきました。

そんなことを調査員の方としゃべっていると、すぎやんはこう言っていました。

「ここにおられるように、ええように書いといてや」

わかってるのか、わかってないんだか。




2006年3月19日のすぎやん

2006年3月19日のすぎやん


部屋に入ると、すぎやんはWBCの対韓国戦を見ていました。

「どっちが勝ってるん?」
「ぼろがちや」
「また韓国が勝ってるん?」
「朝鮮なんかに負けるわけない。貫禄が違う」
「その朝鮮に負けたやん」
「そんなん、過去の話や」
「過去って、2〜3日前のことやけど」
「・・・とにかく、今日は勝ってる」

それから数分後、日本が完封勝ち。テレビの前で「おー、勝った」と、2人で拍手して祝いました。

ここ最近、上着の袖の汚れが目立っていました。ちょうど袖が車いすのタイヤにすれてしまうため、汚れやすいのです。だいぶくたびれてもいたので、新品を持って行きました。

「それは、よそゆきか」
「いや、普段に着たらええやん、っていうか、よそゆきなんてないやん」
「明日風呂やから、その時着替えるわ。どっち着たらええんや」
「そんなん、自分で決めたらええやん」

この会話、連続3回ほど繰り返しました。

「ええのん買うてもうたな、ってまたおまえの評判が上がる」
「そうそう、ええ娘さんや、ってな」
「わしは、おまえの付属品やな」
「そんなようしゃべる付属品、あらへん。あなたは主役です」
「わしの評判は上がらへんなぁ。こればっかりやからな」

すぎやんは、自分で口を指さしながら言っています。
本当に、それさえなかったら、ほんまにええ人やのに。




2006年3月26日のすぎやん

2006年3月26日のすぎやん


「早くぬくくならへんかな」
「もうちょっとしたら、春やで」

麻痺した腕が痛いすぎやん。こんな会話が、今日の挨拶代わりでした。
だけど今日は言葉が聞き取りにくい。何度も聞き返すことが度々でした。

ベッドの上の掛け布団がありません。どうやらスタッフが干して下さっているようです。だいぶ前に持って行かれたらしく、すぎやんはまたぶつぶつ言っています。

「また布団、持ってきよらへん。洗濯物も、わしが言わんと持ってきよらへん」
「あのさぁ、今ちょうどおやつの時間で、みんな忙しいの。それが片付いたら持ってきてくれはるって」

午後3時頃は、おやつタイム。自力で食べられない人には、介助が必要です。
夕食は5時半からなので、その準備もあります。入浴介助やお洗濯等もあります。スタッフの皆さんはとにかく走り回っておられます。

「ちょっとはスタッフを信用しいや」
「いや、わしは信用なんかせえへん。わしが思う通りに動いてもろうたらええんや」

ほんとにもう、どうしようもないおっさんです。

しばらくすると、天日干しされた掛け布団が部屋に戻ってきました。布団の置き方にまで文句をつけるすぎやん、スタッフが出て行くとまたぶつぶつ。

「わしは体が不自由やねんから、ちゃんと置いてもらわな困る」
「そんだけ口が動いて、何が『体が不自由』やねんな」
「ワンタッチでできるようにしとかんとあかんのや」

普通は掛け布団は足もとに置きますが、起きあがるのにも体力がいるすぎやんにとっては、これが大変不便。それでどうしているかというと、布団を縦半分に折ってベッドの上に置き、掛け布団がかかっていない隙間に寝ころび、布団を元に戻す。こうすれば、少ない体力で布団をかぶることができます。
すぎやん曰く、これが「ワンタッチ」です。

「はいはい、こうですか」
「上の方がいがんでる」
「ちょっとくらいいがんでても、かまへんやん」
「いや、わしは几帳面なんや」

すぎやんは「几帳面」ではなく、ただ単に「こまかい」だけです。




カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
現在表示中のすぎやん
月ごとのすぎやん
コメント
「今週のすぎやん」とは
娘のサイト
娘もがんばってます。
娘が作ったテンプレートが雑誌に掲載・収録されました。
ベクターでも絶賛公開中。

エクセルとワードのテンプレートが7個掲載・収録。



エクセルとワードのテンプレートが9個掲載・収録。



エクセルのテンプレートが11個掲載・収録。


介護関連サイト
独立行政法人福祉医療機構
 「WAM NET(ワムネット)」


MY介護の広場

高齢者住宅情報センター

介護用品・福祉用具の店舗販売と通販 快適空間スクリオ(大阪府箕面市)

有料老人ホーム アミーユ

相互リンクサイト
♪楽しく過ごすための快適・介護 『MyKaigo』
介護ヘルパー資格を取得し、介護と子育てを両立されているまめさんによる、介護と介護者に役立つ情報紹介サイト。脳挫傷による急性硬膜下血腫で倒れ、後に脳幹梗塞を発症した要介護5の義理のお母様を在宅介護されている様子が、手に取るようにわかります。

ほれ、ぽちっとな




レビューポータル「MONO-PORTAL」
レビューポータル「MONO-PORTAL」
すぎやんのおすすめ
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎 (JUGEMレビュー »)


「銀ちゃんは賢いやつや」と、すぎやん絶賛。
すぎやんのおすすめ
たかじんのそこまで言って委員会III
たかじんのそこまで言って委員会III (JUGEMレビュー »)


すぎやんは、昨今の時事問題をこの番組でチェックしている。(すぐ忘れるが(;_;))
すぎやんのおすすめ
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD]
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD] (JUGEMレビュー »)

「水戸黄門は東野英治郎や」と、すぎやんは熱く語る。
すぎやんのおすすめ
サザエさん (1)
サザエさん (1) (JUGEMレビュー »)
長谷川 町子

「サザエさんはいつまで経っても年とらへん。親父は1本の髪の毛にドライヤー当てとる」と、すぎやんは笑う。

すぎやんのおすすめ
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1 (JUGEMレビュー »)

「長い顔のおかん」と「一家の顔がみな一緒」が、すぎやんのツボ。
すぎやんのおすすめ
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻 (JUGEMレビュー »)


「ちびまる、顔に線が入る」と、すぎやんは楽しみにしている。
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM