2004年8月1日のすぎやん

2004年8月1日のすぎやん


すぎやんが入所している介護施設では、月に1〜2度の割合で日帰り旅行が開催されます。施設と旅行会社が結託し、かつ車椅子を利用している人が多いので、近距離の日帰りにもかかわらず結構値段がはります。
なので、すぎやんには「旅行イベントの参加は、月1限定」と言い渡し、本人もとりあえず了解しています。施設の方も、この意向に合わせて声を掛けて下さってます。

すぎやんは前の週(7/19)に、大阪南港で行われた花火大会に出かけています。
だから、7月の旅行イベントへの参加は無理なのです。
だから、施設の人も声を掛けなかったのです。

なのに、わらわらと出かけていく人の姿を見ると、切れる。瞬間湯沸かし器、点火。先週自分がお出かけしたことなどもうすっかり忘れてしまって、上記のような言葉を吐くわけです。

何でも自分にほうれんそう(報告・連絡・相談)して貰わないと気が済まない。ガキといっしょですわ。


2004年8月8日のすぎやん

2004年8月8日のすぎやん


すぎやんの部屋は1階奥。入居した当初は2階にいたのですが、同じフロアの人とどうにもなじめず、すぐに現在の部屋に移動しました。
すぎやんの部屋の横には、浴室と洗濯室があります。

病院や老健施設などでは、すぎやんは「特浴」と呼ばれる寝ころんだまま入れるタイプのお風呂に入っていました。でも今の所に来てからは、介助を受けながら普通のお風呂に入ってます。入浴は週3回。順番にまで文句を言うので、すぎやんは一番風呂が多いです。

すぎやんの風呂好きは有名で、職員が声を掛けなければいつまでも湯船につかっているそうです。だけど、風呂が嫌いな入居者も中にはおられます。

入浴のたびに「痛い、痛い!」と絶叫する人がいます。誰も知らない人が聞いたら「すわ、老人虐待か!」と疑われるほど、その声はすさまじいです。当然その声は、すぎやんの部屋にもまる聞こえ。その絶叫を聞くたびに、「じゃかましい!」と怒鳴ってます。最初の頃は、わざわざ自室の扉をあけて言っていたようです。

この日も絶叫が聞こえてきたのですが、すぎやんは珍しくまともなことを言っていました。たまーにこんな格言をたれるのです。そして、「わしは(頭を指さして)ここが違うんじゃ」と、のたまわれます。私の気分としては「はいはい、言うだけ言うとき」てなところでしょうか。



2004年8月15日のすぎやん

2004年8月15日のすぎやん


この日は、終戦記念日。泣き虫のすぎやんは、夏の恒例番組「戦争特集」をテレビで見て、「かわいそうや」と言いつつ泣いている様子です。昨今のだらだらした若者を見ると、「あんなやつら、軍隊に入れてまえ!」と叫ぶくせに。その辺がちょっと矛盾しているのです。

で、この日は自然と戦争の話になりました。

「なぁ、あの頃、本気で竹槍訓練とかしてたん?」
「おう、本気やったぞ。勉強なんかいっこもせんと、竹槍訓練ばっかりやった。本気でやらんかったら、どつかれたしな」
「なんで? 学校行かんと遊び回ってたって、前に言うてたやんか」
「それは戦争が終わってからや。学校休んだら、誰かが追いかけてきてどつかれる」

どつかれてばっかりです。

「なぁ、あの頃、ほんまに神風が吹くって、本気で思ってたん?」
「おう、本気で思っとった。『日本は負けへん。神風が吹く』って、学校で教わっとったからな。生まれたときからそう聞いとったからな」

洗脳教育、やはり恐るべし。

大阪市内では大規模な空襲があったようですが、すぎやんが住んでいたところは京都に近いということもあり、空襲はありませんでした。ただ大阪市内近郊の市町村では誤爆があり、「電車のホームが半分ふっとんだ」こともあったらしいです(戦後、すぎやんはそれをわざわざ見に行ったらしい)。

空襲はなかったものの、すぎやんの記憶によれば機銃掃射はあり、近くには強制連行されてきた朝鮮人の方がたくさんおられ、日本人だけではなく朝鮮人にも多数の犠牲者が出たようです。

「終戦の頃は、わしら国民学校の1年生か2年生くらいや。わしらが戦争知っとる、最後の世代や。その最後の世代が、もうじき70やもんな」

この日のすぎやん、なかなか冴えてました。



2004年8月22日のすぎやん

2004年8月22日のすぎやん


夕方から「納涼祭」と銘打って、施設内でお祭りが行われました。1階から4階の各フロアにある談話室兼食堂を中心に、飲んだり食べたり、映画鑑賞会やカラオケ、夜には花火も打ち上げられ、にぎやかなひとときでした。

すぎやんは、3階で開催された映画鑑賞会に参加。「鬼平犯科帳」がスクリーンに映し出されています。でもすぎやんは映画そっちのけで、スタッフが出してくれたビールに上機嫌。

その昔、アルコール中毒症で入院経験もあるのに、それでも現在のような体になるまでやめられなかった、筋金入りの大酒飲みだったすぎやん。朝から晩まで水代わりに酒を飲んでたすぎやんが、幼い頃の私の記憶に焼き付いています。このおっさんは、なんべん、死にかかったことか。
だからいつもは「発泡酒500ml缶1本」という厳しい制限をつけてます。ですがこの日ばかりは、かぽかぽ飲んでます。

ちなみに、毎日ビールを飲むという習慣を持つ入所者は、他にはおられません。言いたい放題の暴れん坊将軍でもあるので、各フロア毎にスタッフは違うはずなのに、すぎやんのことを知らないスタッフなど皆無です。

勧められたら決して断らないすぎやんは、あっという間に350ml缶のビール4本を平らげました。たこやきとかウインナーとか、いろいろ食べ物は用意されていたのですが、ほとんど食べません。映画鑑賞会に続いて開催されたカラオケ大会でも、結構上機嫌。

でも、声をかけてくれるスタッフたちには、「わしは1本しか飲んでへん」と訴えます。「こいつ(私のこと)は怖い。怒られてばっかりや。今日は監視付きや」とぶいぶい言ってます。すぎやんの前には4本の空き缶が置かれているので嘘だというのは一目瞭然なのですが、私としちゃ気悪いことこのうえない。

そのうえ、ビールの飲み過ぎでトイレまで我慢できずにおしっこをもらし、ズボンもパンツも車椅子もびしょびしょになり、着替えさせなければならなくなりました。その数、3回。酔っぱらってるのもあって、ぎりぎりまで尿意がわからなかったみたいです。便器の前で手摺りを持って立ってもらい、私がすぎやんの「へにゃへにゃぞうさん」を持ちあげて残っているおしっこをさせるというのは、なかなかとほほでございました。
本人もちょっと情けなかったらしい。しきりに反省の言葉を述べていました。でもそんなこと、数分後に忘れてるけど。

普段は普通のパンツをはいているのですが、こういうイベント時は紙パンツをはいてもらうべきだなぁと反省したひとときでした。



2004年8月29日のすぎやん

2004年8月29日のすぎやん


最近の私とすぎやんとの間のブームは、「私に子供が10人いる」疑惑で盛り上がることです。きっかけは、こんな会話からでした。

「もうそろそろ、帰るわ」
「もう帰るんか。もっとゆっくりして行けや」
「うん、でも、きりないし。それにな、うちで子供が待ってるし♪」

私たちは、一事が万事、こんな会話を展開しています。もうだいぶ前から、こんな他愛のないことを言ってました。だけど最近、これが異様に盛り上がっているのです。まぁ、私が悪のりしたせいでもあるのですが。

最初は「子供2人」と言ってました。それがいつの間にやら「貢いでくれる男性が5人いて、それぞれの間に子供が2人できて、合計10人いる。月曜から金曜まで日替わりで男性がやってきて、土日は休息日」とか、訳のわからないことをくっちゃべって、大笑いしてます。

念のために申し上げますが、これは全て冗談です。男性5人相手にするほどタフではございません。子供もおりませんよ。

だけどすぎやんは、これが冗談だか真実なのか、最近多少混乱するようになったみたいです。「おまえがそんなことするはずあらへん」「腹がでかくなったら、すぐわかるわい」とか言いながら、内心不安そう。「もしかして、本気にしてんの?」と言うと、「本気になんて、してへんわい」とムキになって言い返してきます。そう言いつつ、私が帰る前には「子供は誰が見てるんや」とか「おむつ、干したままなんか」とか、必ず言います。
私を信用しろ、ってば。

ただたまに「わしは孫を抱かれへんのかなぁ」と言う時があります。すぎやんは子供嫌いですが、自分に関係する子供は別。私のことも、すぎやんなりに可愛がってくれていました(幼い私をパチンコ屋とか立ち飲み屋に連れて行くというような方法論は別として)。今のところは、孫を見せてあげられる予定は皆無。冗談に楽しくのってくる父を見ると、ちょっと心が痛いです。



カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
現在表示中のすぎやん
月ごとのすぎやん
コメント
「今週のすぎやん」とは
娘のサイト
娘もがんばってます。
娘が作ったテンプレートが雑誌に掲載・収録されました。
ベクターでも絶賛公開中。

エクセルとワードのテンプレートが7個掲載・収録。



エクセルとワードのテンプレートが9個掲載・収録。



エクセルのテンプレートが11個掲載・収録。


介護関連サイト
独立行政法人福祉医療機構
 「WAM NET(ワムネット)」


MY介護の広場

高齢者住宅情報センター

介護用品・福祉用具の店舗販売と通販 快適空間スクリオ(大阪府箕面市)

有料老人ホーム アミーユ

相互リンクサイト
♪楽しく過ごすための快適・介護 『MyKaigo』
介護ヘルパー資格を取得し、介護と子育てを両立されているまめさんによる、介護と介護者に役立つ情報紹介サイト。脳挫傷による急性硬膜下血腫で倒れ、後に脳幹梗塞を発症した要介護5の義理のお母様を在宅介護されている様子が、手に取るようにわかります。

ほれ、ぽちっとな




レビューポータル「MONO-PORTAL」
レビューポータル「MONO-PORTAL」
すぎやんのおすすめ
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎
難波金融伝 ミナミの帝王(1)トイチの萬田銀次郎 (JUGEMレビュー »)


「銀ちゃんは賢いやつや」と、すぎやん絶賛。
すぎやんのおすすめ
たかじんのそこまで言って委員会III
たかじんのそこまで言って委員会III (JUGEMレビュー »)


すぎやんは、昨今の時事問題をこの番組でチェックしている。(すぐ忘れるが(;_;))
すぎやんのおすすめ
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD]
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX [DVD] (JUGEMレビュー »)

「水戸黄門は東野英治郎や」と、すぎやんは熱く語る。
すぎやんのおすすめ
サザエさん (1)
サザエさん (1) (JUGEMレビュー »)
長谷川 町子

「サザエさんはいつまで経っても年とらへん。親父は1本の髪の毛にドライヤー当てとる」と、すぎやんは笑う。

すぎやんのおすすめ
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1
DVD TV版傑作選 クレヨンしんちゃん 1 (JUGEMレビュー »)

「長い顔のおかん」と「一家の顔がみな一緒」が、すぎやんのツボ。
すぎやんのおすすめ
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻
ちびまる子ちゃん全集1990 「まるちゃんきょうだいげんかをする」の巻 (JUGEMレビュー »)


「ちびまる、顔に線が入る」と、すぎやんは楽しみにしている。
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM